Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

中国・香港・マカオ版iPhone XS/XS MaxのデュアルSIM解説が公開。トレイの裏表に2枚のSIMをセット

デュアルSIMモデル選択の自由をください

Kiyoshi Tane
2018年9月18日, 午後01:00 in apple
73シェア
0
73
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

Apple

今月13日に発表、現在予約受付中のiPhone XSやiPhone XS MaxはデュアルSIMに対応していますが、地域によって仕様が異なるのは何度もお伝えしたとおりです。このうち、中国、香港、マカオ向けの「2枚のnano-SIMカード」を挿すモデルについて、公式サイトでの解説が公開されています。

日本では発売予定がなく、上記の3地域でのみ提供予定のデュアル物理スロット搭載モデル。国内で生活しているかぎりは手にとることも縁もなさそうですが、SIMトレイの形状などが確認できます。

中国でもApple Watch Series 3発売時点ではeSIM(アップルSIM)が利用できましたが、昨年10月、一切の説明なしに新規加入が不可能とされました。中国ではSIMカード取得のためには実名登録する必要がありますが、番号の書き換えが容易なeSIMでは中国当局と通信会社がユーザーIDの追跡が難しくなるため禁止されたとの見方もあります。

中国・香港・マカオ版のデュアルSIM解説ページは日本向けとほぼ同じですが、一点だけ「nano-SIMカードをインストールする方法」だけが異なります。SIMトレイは表面と裏面の両方にSIMカードをセットする、中華スマートフォンでは前例のある方式です。

こうした形状は、スペシャルイベントでの発表直前に「6.1インチLCDモデル(iPhone XR)のSIMトレイ」と称して公開された写真とほぼ一致。本体サイズによってSIMトレイの形が大きく変わるとも思われず、iPhone XS/XS Maxのそれも同じ可能性があります。

日本国内向けモデルのeSIM採用は「国家にSIMカードと個人が紐付けられていない」証でもありますが、自由主義国家らしく「デュアル物理スロットモデル」と「eSIM+シングル物理スロットモデル」の選択の自由も欲しいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Apple
73シェア
0
73
0
0

Sponsored Contents