Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XSとXS MAX、買うならどっち?:アップル感想戦

長く使えるiPhoneを目指すなら、Appleに望むことも

Hirotaka Totsu
2018年9月18日, 午後05:00 in apple
128シェア
21
36
0
71

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


iPhone XSおよびiPhone XS Maxの予約が開始されました。毎年全機種を予約、購入をしてきた筆者ですが、そろそろ毎年の更新をやめようかとも思いつつ、今年はとりあえず更新することとしました。

今回は、昨年同様Apple Store Appとキャリアのオンライン予約システムを同時に開いてアクセスできた順に手続きをしましたが、予約開始直後の16:01にはApple Storeへのアクセスができない状態でしたので、キャリアの予約を最初に済ませ、終わったタイミングでアクセス可能になったApple StoreにてSIMフリー版を予約しました。どちらも開始10分以内に手続きを済ませることができましたが、実感としては昨年と比較して穏やかな争奪戦だったように思います。

iPhone Xと、iPhone XSは、サイズに変更はありませんが、3gほど重くなり、防水性能が向上するなど、いくつかの変更点が見られます。チップ性能が向上したことで、Face IDの認証が早くなったり、おそらくカメラ機能の強化(深度コントロールやスマートHDR)が実現しているのだと思います。

一つ一つの機能強化は魅力的ではありますが、iPhone Xからの買い替えのモチベーションとなるかというと、正直足りない感があります。「新しさ」やアップルが提案するiPhoneの全てを体験するということであれば、「iPhone XS Max」なのかな?と思いました。


しかし、それはCEOであるティム・クック氏が語った「長く使える=買い替えなくとも良い」という環境に配慮した設計とも言えるかもしれません。だとするならば、AppleのiPhoneサイクルは次のステップに進むべきではないかと思います。

例えば、今のMacBookやMacBook Proは、数年は形状などが変わらず、CPUやメモリなどのスペックがアップデートされるだけになって久しいですが、iPhoneも今回のアップデートを機に名称や形状を毎年変更するのではなく、必要に応じて不定期にカメラやチップなどのスペックをアップデートするようにできないものでしょうか?形状が変わらなければ、ケースなどアクセサリ類も長く売れますし、モデルチェンジのスパンが長いことで、よりハイスペックなものが登場するかもしれません。4年間買い替えずに済むモデルであれば、キャリアの48ヶ月プランも現実味を帯びてくるでしょう。

また、そろそろ最低メモリを64GBから128GBまでアップしてほしいと思います。今回の買い替えに際して、環境を整理してみたところ、撮影や電子書籍閲覧など最も使用頻度が高いもので256GBあれば十分な状態でした。容量を必要としない用途の端末において、iCloudを駆使し、アプリを端末ごとに吟味することで、なんとか64GB以内に収めることもできましたが、多くの人は1台持ちだと思いますので、せっかくの体験のためにも最低容量が増えると良いと思います。もちろん、メールとWebとYoutubeしか見なくて、たまに写真を撮る程度であれば、64GBでも十分かもしれませんが・・・

そんな筆者ですが、iPhone XS、iPhone XS Maxに関しては256GBを予約することとしました。iPhone XRに関しては、予約するかどうかも不明ではありますが、するとしたら、こちらは64GBにしようと思います。


関連キーワード: apple, iphone, smartphone
128シェア
21
36
0
71

Sponsored Contents