Sponsored Contents

alexaの最新記事

Image credit:
Save

アマゾンが新Echo / アレクサ家電をフライング掲載。サブウーファーのEho Subやスマートプラグなど

アレクサレンジ

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年9月20日, 午前08:37 in Alexa
140シェア
22
61
0
57

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


うわさのAmazon Echo関連製品が発表を待たずネットに流出したようです。

欧州のAmazon.co.ukにフライング掲載されすぐ取り下げられたという商品は、Echoと接続して使う100W出力のサブウーハーEcho Sub、そしてAlexa音声コントロール対応のAmazon純正スマートプラグ。

どちらも新型 Echo 本体ではなく、Echo / Alexa と連携するアクセサリ製品となっています。




アマゾンが年内に最低で8種類ものAlexa / Echo関連製品を発表するとのうわさは、つい先日に米国のCNBC が独自ソースからの情報として報じていました。

そちらで挙げられたのは、電子レンジ、アンプ、サブウーファー、(AV?)レシーバー、何らかの車載製品など。

スマートホームへの注力の一環として、ハブとなるEchoだけでなく連携するアクセサリやスマート家電を自社で投入する取り組みと説明されています。

数日後、Amazon.co.uk で未発表のアマゾン純正 Echo / Alexa 関連製品を発見したのは リンク先の Pocket-Lint。

「Introducing Echo Sub - Powerful subwoofer for your Echo」と題された Echo Subは、わずかな製品説明によれば 6インチ100W出力のワイヤレスサブウーファー製品。

Echoまたは Echo Plus スピーカーと無線で同期して、本格的な重低音も楽しめるサウンドシステムにする製品です。

興味深いのは、同じ種類二台と同期してステレオセットアップも可能とされること。

アマゾンのEcho / Echo Plusは全方位サウンドが特徴の円筒形で、これまで複数をグループ化してマルチルームオーディオには対応していたものの、同種二台でステレオの機能はまだ発表されていません。

価格は75ポンド、約1万1000円。ただしすぐ取り下げられた(とされる)ため、値段も仮置きのまま誤まって掲載された可能性もあります。





もう片方は見た目シンプル、名前もシンプルなAmazon Smart Plus, works with Alexa。簡単な説明を読む限り機能もシンプルないわゆるスマートプラグで、コンセントのオンオフをAlexa経由で音声制御したり、タイマーや外出先からのリモート操作機能を加える製品とされています。

通常のWiFi経由で機能するらしく、接続にスマートホームハブは不要。

Echo / Alexaと連携するスマートプラグはすでに各社が製品化しており、かなり手軽に買える価格であるのに対して、こちらは何故か95ポンド約1万4000円の表示。何か恐るべき隠し機能があるのか、セット価格だったのか、やっぱり発表前なので仮置きだったのかもしれません。

発売日はどちらも10月11日。アマゾンのEcho / Alexa対応スマートホーム製品は一部が9月中に発表されるとのうわさもあり、近い時期にこのほかの製品と共に正式発表があるかもしれません。

特にスマートプラグを見るかぎり、他社も売っているようなスマートホーム製品を純正でも揃える施策のようではありますが、アマゾンならではの新機軸製品が出ないとも限りません。

大手食料品店チェーンを買収したアマゾンだけに、「アレクサ電子レンジ」が気になるところです。

Source: Pocket-Lint
関連キーワード: alexa, amazon, echo, iot, rumor, smarthome
140シェア
22
61
0
57

Sponsored Contents