Sponsored Contents

VRの最新記事

Image credit:
Save

東京ゲームショウ2018の見どころをVR/AR中心にレポート!今年はコンテンツが充実してます:VR情報局

VR/ARコーナーを中心に回ってみました

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2018年9月21日, 午前10:45 in VR
142シェア
54
39
0
49

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

ゲームの祭典「東京ゲームショウ2018」が9月20日から23日までの4日間、幕張メッセで開催されています。今年もVR/ARコーナーが設けられており、最新コンテンツが数多く展示されています。「週刊VR情報局」の担当ライターとして、今年も初日に取材してきたので、見どころをご紹介いたします!

まずはクレッセントのブースの一角で出展していたアバルのVR展示。実はこの展示は当面製品化が予定されておらず、東京ゲームショウ2018でのみ体験できるレアなVRアトラクションです。

VRヘッドセットはワイヤレスタイプ。あとは手首と足首にマーカーを装着するだけでコントローラーは使用しません。と言うとチープなVRアトラクションを想像する方もいるかもしれませんが、ところがどっこい、このVR体験にはアバル開発陣のさまざまな工夫が盛り込まれています。


▲VRヘッドセットにはケーブルはつながっておらず、手首、足首のマーカーも非常に軽量。装着しているのを忘れるほどの身軽さでVR空間にダイブできます。ザブン!

前述の通り、このVRアトラクションではコントローラーを使用しませんが、剣、盾、木の箱、ギター、ドリンクボトルなどなど、マーカーが取り付けられたアイテムが多数プレイエリア内に転がっています。それらのアイテムはすべてVR空間に持ち込めるのです。

そしてもうひとつの特徴は多人数プレイが可能なこと。たとえばふたりでVR空間にダイブして、それぞれ剣と盾を持てば、西洋チャンバラを堪能できるわけです。もちろん剣と盾は身体に直撃しても怪我をしないような素材で作られていますが、実際に剣と剣、剣と盾がぶつかり合うのですから臨場感はハンパねーです!


▲モノ同士がぶつかり合う衝撃は、やはりバイブレーションなどでは再現できないリアルな手応えがあります。あ、一応補足しますが、ヘッドセットが壊れちゃうので「オメーン!」は禁止です

今回プレイしたもうひとつのミニゲームが、狭い足場を渡りつつ光るエレベーターにたどり着き、少しずつ塔を上っていくというもの。

狭い一本橋、飛び石、定期的に消える浮き石などなど足場が不安定極まりないので、たとえVR空間のなかだと頭で理解していても、足を踏み外してしまうと思わず「キャー!」と叫び声を上げずにはいられません。高所恐怖症の方は絶対にプレイしないほうがよいです。というかこのミニゲームのせいで高所恐怖症になりかねないのでご注意を。


▲「ウマシカ」なので高所が好きなワタシですが、それでも無様なへっぴり腰を披露してしまいました


▲ちなみに見えている映像はコレ。VRヘッドセットごしに見ていると思わず失禁しそうな高さです。ジュワー

つぎにご紹介したいのはグランディングの「スペースチャンネル5VR あらかた ダンシングショー」。言わずと知れた、1999年に発売された名作音楽ゲームのVR版です。

初代ファンとしては正直VR版なんてどうなの? ......と心配していましたが、今回初めてVR版を体験し、その不安は一掃されました。VRヘッドセットをかぶれば、その中は極彩色のスペースチャンネル5の世界。目の前にはうららちゃんが凜々しくポーズを決めています。グラフィックスの再現度は完璧です。

ちなみに声優、モーションキャプチャーダンサーともに、初代の方々が担当しているとのこと。初代ファンとしては感涙です。声も踊りもたまらんですよ。

そして肝心のゲーム性はまったく問題ありません。振り付けを真似する「覚えゲー」。やることは同じで、踊り自体はシビアに判定していません。大きく踊らなくても、軽めのアクションでOK。もちろんそれなりの運動量ですが踊りが苦手な貴兄貴女でも安心。発売が楽しみです。


▲PlayStation VR版と、VIVE版が予定されています


▲今回のデモでは、新キャラクターの双子のひとりとして踊ることになるのー☆


▲衆人環視のなか踊るのはちょっと恥ずかしかったですが、後半はかなりアクションが大きくなりました。はじけましょう

テレビ番組でも取り上げられるほどVTuberが人気を集めていますが、オリジナルのキャラクターを作るのはハードルが高いです。そこで登場したのが「Vカツ」というアプリ。まるでゲームのキャラクターをカスタマイズするような感覚で3Dアニメーションキャラクターを作成できます。

このVカツはWindows用アプリケーションなのですが、東京ゲームショウ2018のIVRブースではついにスマホ版が初披露されました。今回お披露目されたのはiOS版で、10月中以降、年内にリリース予定とのこと。Android版はその2~3ヵ月後にリリースされる予定です。


▲IVRブース


▲ゲームのキャラクターカスタマイズ感覚で簡単にオリジナル3Dアニメキャラクターが作れます

会場で注目されていたもうひとつのVTuber用キャラクターメイクアプリが、Gugenkaの「MakeAvatar」。こちらもiOS、Android上で動作するアプリで、VRM形式でキャラクターデータを出力し、VRライブアプリ「Virtual Cast」や、VRコミュニケーションアプリ「VRChat」でアバターとして使用可能です。

ただしMakeAvatarはVカツほどは細かなカスタマイズはできず、バーチャルSHOWROOMERの「東雲めぐ」の世界観のなかで髪型、眉毛、目、鼻、口、肌などを変更するという仕様になっています。


▲MakeAvatarではキャラクターデザインを大きく逸脱するようなカスタマイズはできません


▲作成したキャラクターは、AR機能を活用して実際の風景に重ね合わせて表示可能です


▲この「AvaMeets」はOculus Go対応のVRミーティングアプリ。MakeAvatarで作成したキャラクターとなってミーティングする様子を、SHOWROOMなどの各プラットフォームに配信可能です

というわけで今年の東京ゲームショウ2018では、昨年多数登場していたVRヘッドセットの展示が少なかったですが、そのぶん既存デバイス用のコンテンツが充実していました。東京ゲームショウ2018は9月23日(日)まで開催されているので、お時間あればぜひ遊びに行きましょう!

関連キーワード: AR, game, games, tgs, tgs2018, VR
142シェア
54
39
0
49

Sponsored Contents