Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンク、約1030万通のメールを消失 436万人に影響

原因は迷惑メールと誤判定したため

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年9月21日, 午後07:38 in Android
446シェア
0
383
0
63

連載

注目記事


ソフトバンクは9月21日、同社のメールサービスで約1030万通のメールが消失したと発表しました。

発表によると、ソフトバンクのS!メール(MMS)・Eメール(i)、ワイモバイルのMMS・EMメール-S(MMS)、ケータイ(PHS)用Eメールにおいて、迷惑メールフィルターを利用している一部のユーザーに送信された「.co.jp」を含むドメインからのメール約1030万通が消失したとのこと。

期間は9月17日午前10時48分〜9月18日午前9時16分で、影響を受けるユーザーは436万人にのぼります。

原因は通常のメールを迷惑メールと誤判定し、ユーザーに届かないようにブロックしたため。

ソフトバンクは、上記時間帯に「.co.jp」を含むメールアドレスから、対象となるお客さまにメールを送信した場合、送信先にメールが届いているか確認するよう呼びかけています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: SoftBank
関連キーワード: android, iphone, softbank
446シェア
0
383
0
63

Sponsored Contents