Techcrunch Japan Logo

Sponsored Contents

cryptocurrencyの最新記事

Image credit:
Save

Zaif運営のテックビューロ、仮想通貨流出額は約70億円と判明

「調査中」としていた流出額が判明

TechCrunch Japan Staff
2018年9月21日, 午後08:10 in Cryptocurrency
72シェア
0
72
0
0

連載

注目記事

9月14日に発生した不正アクセスにより、顧客の預かり仮想通貨を含む仮想通貨が流出したと発表していたテックビューロ。同社は9月21日、前回の発表で「調査中」としていたMONA、BCHの流出額が判明したと発表した。

今回発表された流出数量、損失総額は以下のとおりだ。(レートは、2018年9月18日の終値で計算。BTC:712565円 、MONA:107.7円 、BCH:49795円)。

  • BTC 5,966.1 (円換算で約42億円)
  • MONA 6,236,810.1(円換算で約6億7000万円)
  • BCH 42,327.1 (円換算で約21億円)

以上を合計すると、損失総額は約70億円となる(前回の発表では約67億円と発表されていた)。なお、今回の発表における流出数量は、盗難による送金先のアドレスに入金のあった仮想通貨の数量から推計したものであり、実際の損失総額はこれよりも多くなる可能性がある。テックビューロは「弊社サーバの復旧により正確な数量が判明し次第、場合により訂正のご報告をさせていただきます」とコメントしている。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cryptocurrency
72シェア
0
72
0
0

Sponsored Contents