Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XS MaxがXSの3〜4倍売れている?512GBモデルも「深刻な品不足」とのアナリスト観測

10万円を超えた世界では1万数千円の差額は些細なこと…?

Kiyoshi Tane
2018年9月25日, 午後04:00 in apple
323シェア
125
118
0
80

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

アップル製品関連の予測で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏が、iPhone XS、iPhone XS MaxおよびApple Watch Series 4の現時点までの販売状況についての研究ノートを発表しました。

Kuo氏によると、iPhone XS Maxの需要は「予想以上に良い」とされ、なんとiPhone XSの3〜4倍売れているとのこと。同モデルはストレージ256GB版が最も人気が高いものの、512GBモデルも「深刻な品不足」に晒されていると述べています。

同レポートでは、iPhone XS Maxの色はゴールドとスペースグレーの方が、シルバーよりもはるかに人気があるとか。そして256GBが一番人気の一方で、サムスンだけがNANDフラッシュメモリを安定供給できるため、512GBモデルが深刻な品薄とのこと。今後のiPhone XS Maxの出荷台数は、アジア市場やギフトシーズンのおかげで、2018年第4四半期(10月〜12月)には着実に増加する見込みとされています。

Apple Watch Series 4の需要も、予想以上に優れているとか。製造を担当するQuantaのキャパシティはすでに満杯で、第二のサプライヤーであるCompalが11月から量産体制に入るまでは、供給は大幅に改善されないとの見通しです。Kuo氏は2018年中のApple Watch Series 4の出荷台数予測を、1800万台から1850〜1900万台に上方修正しています。

10月19日に予約受付が始まるiPhone XRについて、Kuo氏は昨年のiPhone 8シリーズよりもアップグレード需要が見込まれるために人気商品になると予測しています。同モデルはノッチ付きLCDディスプレイのハードウェア製造やソフトウェア調整に問題を抱えていると噂されていますが、そうしたボトルネックが10月中旬から後半にかけて「著しく改善」すると確信しているそうです。

iPhoneシリーズ史上最も高額なiPhone XS Maxが、iPhone XSに売上で圧倒的な差をつけているのは意外な印象を受けます。が、日本での価格はどちらも64GBの基本モデルが12万円を超えており、両者の価格差は1万数千円。いずれにせよ従来のスマートフォンとは一線を画した高価格を払う用意のある人たちが「少し足して、より大画面」感覚で選んでいるのかもしれません。


323シェア
125
118
0
80

Sponsored Contents