Sponsored Contents

Camerasの最新記事

Image credit:
Save

「Lマウントアライアンス」でライカ、パナソニック、シグマが協業。 Lumix S1Rなど開発発表

パナソニックはマイクロフォーサーズも継続

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年9月26日, 午前08:20 in Cameras
56シェア
0
56
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

独ケルンで開催中のカメラ見本市"フォトキナ2018"にて、パナソニック、ライカ、シグマのデジタルカメラ、レンズ3社が、ライカが使用しているフルサイズおよびAPS-Cサイズセンサー搭載カメラ用のレンズマウント「Lマウント」を推進するアライアンスを結成し、協業していくとと発表しました。

2014年からライカが採用しているLマウントは、これまでライカ TL(APS-C)、SL(フルサイズ)といったミラーレスカメラで使われてきた電子接点を持つバヨネット方式のマウントシステム。今後はシグマとパナソニックもLマウント互換のレンズやデジタルカメラを開発、販売していくことになります。

ライカのレンズやカメラと言えば「非常に高価」というのがわれわれ一般人の抱くイメージです。しかしここにシグマやパナソニックが互換レンズを(おそらくより安価に)投入してくるようになると考えれば、初心者はパナソニックやシグマ製品から入門し、機材を流用しつつ次第にライカへとステップアップするという図式も考えられます。また単純にレンズのバラエティが豊かになるだけでも、カメラ好きには嬉しい話のはずです。

シグマは"最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発"される「Art」プロダクトラインやその他のレンズシリーズにLマウントを採用すると明らかにしています。

パナソニックの北川潤一郎氏は、Lマウントの採用によって大型のセンサーを持つカメラを開発できるようになるとしており「この提携はイメージング産業の未来に大きな変化を生み出し、ミラーレス市場の成長にも貢献するだろう」と語りました。

Lマウントアライアンスの発表後、パナソニックは早速Lマウントを採用したフルサイズミラーレス「LUMIX S1」「LUMIX S1R」の開発を発表しています。

S1Rは47MP、S1は24MPセンサーを採用。いずれもボディ内手ぶれ補正機構をそなえ、レンズ側の手ぶれ補正と連携する「Dual I.S.」にも対応します。動画撮影においては、新ヴィーナスエンジン搭載によってフルサイズミラーレス機初の4K/60pに対応、記録メディアにはSDカードにくわえてXQDカードも使えるダブルスロット仕様となりました。そのほか、大型で高解像度なEVF、自撮りも可能な3軸チルト式液晶ディスプレイなどを搭載します。

両機とも発売時期は2019年春頃ですが、価格帯などは未定とのことです。
なお、パナソニックはこのLUMIX S1R / LUMIX S1に合わせて50mm F1.4、24-105mm、70-200mmの3本のLマウントレンズを用意し、さらに2020年末までに10本以上の発売を予定しているとのこと。

またこれまでパナソニックが採用してきたマイクロフォーサーズシステムについては、今後もLUMIX Gシリーズでいままでどおり開発を継続するとのこと。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

56シェア
0
56
0
0

Sponsored Contents