Sponsored Contents

securityの最新記事

Image credit:
Save

Mozilla、情報漏洩をチェックできる「Firefox Monitor」提供開始

11個のサービスが引っかかりました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年9月26日, 午後06:50 in security
615シェア
304
196
0
115

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

Mozillaは9月25日(米時間)、WEBサービスなどからのメールアドレスやパスワードの漏洩をチェックできるサービス、「Firefox Monitor」の提供を開始しました。

情報漏洩を確認できるサービスとしては「Have I Been Pwned (HIBP) 」がありますが、FirefoxはこのHIBPと提携し、同じデータベースを使用しています。

利用方法としては、Firefox Monitorのサイトでメールアドレスを入力するだけです。過去に起きた漏洩事件の中から、そのメールアドレスが含まれていたサービスを抽出し、ユーザーに漏洩事件の発生日時と漏れた可能性があるサービスを提示します。

これだけなら、HIBP自体を使えばいいだけですが、Firefox Monitorは、今後漏洩が発生した場合に、それをユーザーに通知するサービスも提供します。また、Firefoxブラウザを利用すると、過去に漏洩事件を起こしたサイトでは注意喚起が行われるとのことです。

Mozillaは、8月にクロスサイトトラッキングの防止を含む、プライバシー保護機能を発表しており、今回のFirefox Monitorもその1つだとしています。

なお、HIBPと提携しているのはMozillaだけではありません。パスワード管理アプリの1PasswordもHIBPと提携し、登録されているパスワードが漏洩しているかをチェック可能です。

今後、パスワード不要なWeb Authenticationが普及していけば、このような心配や手間も減っていくのでしょうが、まだしばらくはFirefox Monitorのようなサービスを使い、自衛していく必要がありそうです。

615シェア
304
196
0
115

Sponsored Contents