Sponsored Contents

microsoft surfaceの最新記事

Image credit:
Save

変更は軽微か、Surface Pro 6とされる画像が流出。USB-Cも非搭載?

そろそろ4GBモデルはなくしてもいいのでは

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年9月27日, 午後06:00 in microsoft surface
93シェア
0
51
0
42

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

Microsoftは10月2日(日本時間10月3日)にSrfaceイベントを開催しますが、そこで発表が予想されているSurface Pro 6のハンズオン動画が登場しています。


次期Surface Proには、Surface Book2やSurface Goと同じくUSB Type-Cの採用が期待されていましたが、ベトナムのテック系サイトTinthe.vnが掲載している動画と画像を見ると、残念ながら非搭載のようです。

それだけではなく、もはや見た目には現行のSurface Pro(Pro 5)と区別がつきません。Tinthe.vnによると、エッジがやや丸みを帯びているとのことですが、画像からは判断が難しいです。

ディスプレイは12.3インチ 2736 x 1824で変わらず。ポート類もミニディスプレイポート、USB Type-A、Surface Connect(電源端子兼拡張端子)、3.5mmオーディオジャックで、現行のSurface Proと共通です。

今回公開された情報の中では、主な違いとなるのは中身。プロセッサが第8世代のintel Core i5になっています。当然、下位のCore m3、上位のCore i7モデルもあるでしょう。また少なくともストレージ128GB、RAM8GBモデルがあるのがわかります。



ここで気になるのは、RAMの下限が8GBなのか、やはり4GBモデルもあるのかどうか。安価なSurface Goも出たところですし、そろそろ最下位モデルでも8GBの設定にしてほしいところです。

もう一つ気になるのはその名称。昨年発表されたSurface Proは、ナンバリングが続いていればSurface Pro 5となるはずでしたが、ただのSurface Proに。しかし今回はSurface Pro 6とナンバリングが復活するようです。Surface Pro(2018)でも良さそうですが、分かりやすさを優先したのでしょうか。

さて、Surface Pro 4からSurface Pro(Pro 5)の変更は、マイナーチェンジと言われながらも、ふたを開けてみればプロセッサの強化に加え、バッテリー駆動時間の大幅アップ、Surface Penの高精細化など大幅な強化が図られていました。


今回も実は......といった驚きを期待したいところですが、さすがに難しそうでしょうか。ただ殆ど変更がないのであれば、いつも遅れて発売されるLTE対応モデルが同時にリリースされる可能性はあるかもしれません。

また、本体に変更がない分、タイプカバーに一工夫といったことも期待したいところです。







CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
93シェア
0
51
0
42

Sponsored Contents