Sponsored Contents

REVIEWの最新記事

    Image credit:
    Save

    「iPhone XS Max」の大画面を使いこなしたい! 縦長大画面とうまく付き合うコツ

    片手持ちで画面端まで指が届きにくい場合はどうしたらいい?

    石井徹(TORU ISHII)
    2018年9月30日, 午後12:00 in REVIEW
    230シェア
    31
    83
    0
    116

    連載

    注目記事

    消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

    消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

    View

    iPhone史上最大のビッグスクリーンになった「iPhone XS Max」。iPhone Xのサイズ感が気に入っており、大画面スマホには懐疑的な筆者ですが、このスマホで大画面の"克服"に挑戦してみました。

    10年前のiPhone 3Gが3.5インチディスプレイを搭載していたのに対して、iPhone XS Maxに搭載されているのはなんと6.5インチ。その大画面化には目を見張ります。

    予想外のコンパクトさ

    6.5インチというと、一昔前なら"ファブレット"に分類されるサイズですが、縦長化+狭額縁化のおかげで、当時の端末よりもふた周りほど小さくなっている印象です。

    しかもiPhone XS Maxでは6.5インチ縦長のディスプレイを採用しつつも、上下辺も狭額縁仕様となっており、iPhone 8 Plusよりもむしろ縦方向のサイズは縮んでいます。本誌アンカーのIttousaiも指摘しているように、前時代のイメージを持っていると、予想外のコンパクトさに戸惑うかもしれません。

    iPhone XS Maxは「手の大きい人なら問題なく使えるだろう」というくらいにはコンパクト。端末のサイズ感だけで言えば、片手持ちでも十分許容できる範囲と言えそうです。

    大画面化のメリットは十分体感できる

    iPhone XS Maxがなぜ大画面化を果たしたのかというと、画面に表示できる情報量を多くしたいためではないかと考えます。iPhoneやiPadはこれまでも、基本的に画面サイズが広がると画素数を増やしてきたためです(iPhone X/XSに対するXRなど、例外もありますが)。

    実際にXS Maxの画面画素数は2688×1242ドット。もともとiPhone X(2436×1125ドット)を使っていた筆者からすると、画素数は約1.2倍に増加したことになります。

    見比べてみると、確かに多くの情報量を表示しているのが分かります。特に画面フォントを最小にしたときにはその威力を感じます。画素密度はiPhone XS/XS Maxとも458ppiと十分高いので、細かい文字もくっきりと表示でき、ストレスを感じません。


    ↑左がiPhone X、右がiPhone XS Max。画素密度は同じなので、純粋に画面サイズ分だけ表示できる情報量の差がある

    電子書籍では小説やコミックを表示するのにほど良い大きさ。携帯できるコミックビューアーとしてはベストな選択かもしれません。一方、電子雑誌や新聞の紙面ビューアーは、高解像度ゆえに表示自体は可能ですが、文字が米粒より小さくなり、拡大なしで読み進めていくには厳しいものがあります。


    ↑電子書籍は大画面を有効に生かせるコンテンツの1つ(写真の書籍は『方法序説』、デカルト作・谷川多佳子訳、岩波書店)

    ↑コミックが読みやすいサイズでもある。ただし縦長ディスプレイなので上下の余白ができ、これがややもったいない感も(写真のコミックは『累』 1巻、松浦だるま作、講談社)

    高画素と大画面を存分に生かせそうなのは、写真や動画を閲覧するとき。アスペクト比が16:9の動画なら、上下の表示を省いてフルスクリーンで表示しても違和感なく楽しめます。

    なお、HDR 10やDolby VisionといったHDR規格の再生もサポートしています。6.5インチのスマホをみんなで囲んで映画を観る機会は少ないかもしれませんが、例えば電車の座席で映画を観る分にはほどよい大きさ、かつ、十分な没入感を得られそうです。

    上端に指が届かない

    持ち歩く分には十分許容できるサイズ感で、なおかつ大画面のメリットも存分に体感できるiPhone XS Max。しかし、片手持ちで操作するときにやや使いづらさを感じた場面もありました。それは画面が縦に長いことからくる問題。操作する時にバランスを撮りにくいのです。

    筆者はだいたいのスマホを操作するとき、右手の小指を底面にひっかけて支えにし、親指で操作するスタイルを採用しています。iPhone Xのサイズを気に入っていたのも、この使い方がしっくりくるから、という理由が大きかったりします。

    iPhone XS Maxでこの持ち方を試してみると、画面下から60%ほどの範囲までは指が届くものの、上端まではどうあがいても指が届きません。

    無理矢理片手で上端を触ろうとすると、重い筐体を中指以下3本の指で支えながら、重心を動かして親指でタッチすることになります。背面が平らでなめらかなだけに、この操作では落とさないように神経を使います。

    そこで、持ち方を変えて、人差し指以下の4本の指で片手持ちにしてみました。これなら、画面右上まで親指が届きます。ただし、上下の端に指を伸ばすのは指に負担がかかる上、重心を取るのが難しいという問題は変わらず。
    これで常用するなら、バンカーリングを装着した方が無難かもしれません。

    「簡易アクセス」で大画面を使いこなせるか

    iOSにはデバイスの操作をサポートする機能があり、それらは設定の「アクセシビリティ」にまとめられています。その中のいくつかは大画面を克服するために使えそうです。

    その1つが「簡易アクセス」。画面を半分下にずらし、操作をしやすくする機能です。ホームボタンがないiPhoneでは、画面の下辺を下に向けてなぞるようにして起動します。

    大画面を克服にもっとも効果的なのはこの簡易アクセスだろうと思い、真っ先に設定して試してみました。しかし、やや期待外れな結果に終わりました。

    簡易アクセスは実際、通知センターやコントロールセンターを表示するには効果的ではあるのですが、片手操作を前提とすると、不便な点がありました。まず、簡易アクセスを出すための操作(画面下部のバー付近を下方向にスワイプ)自体が、親指に負担のかかる動きになること。
    親指での操作だと重心の移動がともなうため、起動するたびに指に負荷がかかります。

    iPhone XS Maxの大画面を使いこなす
    ↑簡易アクセスを起動するには、下に表示されるバーを更に下にスライドさせる必要がある。写真の持ち方だと負荷がかかる

    もう1つ厳しいと感じたのが、降りてきた画面から通知センターを下ろす操作。コントロールセンターと通知センターは、画面の中央まで降りてきた上辺の、"ノッチの無い位置"を下にスワイプして起動します。
     
     この指の位置が少しでも中央より、"ノッチがある位置"にずれると、画面ロックがかかってしまいます。慣れればよりスムーズに操作できるのだろうとは思いますが、(画面を下げたため)見えないノッチの位置を想定して避ける操作をするのは果たしてスマートと言えるのだろうかと思ってしまいます。

    iPhone XS Maxの大画面を使いこなす↑コントロールセンターの表示は「右上から下スワイプ」という操作。"簡易アクセス"状態で起動しようとすると当たり判定がシビアに感じられる

    大画面の克服に効果的だった「AssistiveTouch」

    一方で、以外と効果的だったのが画面上に補助ボタンを出す「AssistiveTouch」を使った機能。ホームに戻る操作やコントロールセンターの起動などを画面上に表示される仮想ボタンに割り当てるという、おなじみの機能です。

    この仮想ボタンには、長押しやダブルタップ、3D Touch(ギュッと押す操作)にも機能を割り当てられるようになっていて、これも併用すればさらに操作が楽になりそう。そして、簡易アクセスもAssistiveTouchから起動できます。

    最終的に筆者はAssistiveTouchのダブルタップにコントロールセンター、3D Touchに簡易アクセスを割り合てて使うスタイルに落ち着きました。

    iPhone XS Maxの大画面を使いこなす↑画面上にある丸いマークが「AssistiveTouch」。長押しに「ホーム」機能を割り当てれば"仮想ホームボタン"のようにも使える

    iPhone XS Maxの大画面を使いこなす↑「AssistiveTouch」をタップすると表示されるメニュー。アクセシビリティ設定からカスタマイズできる

    iOSに「攻めのUI改善」がほしい

    iOSのユーザーインターフェイス(UI)は、初代iPhoneから拡張と整理を繰り返して洗練されてきました。iPhone Xから始まったホームボタンの撤廃は、その最大の変化と言えるでしょう。

    その中でも地味ながら受け継がれてきた操作があります。画面の上部(ステータスバー)をタップすると、表示しているページのトップまで一瞬で戻るという操作です。Androidでは一般的ではない操作ですが、iOSではWebブラウザやSNSのクライアントをはじめとして、多くのアプリが対応しています。

    筆者はこの「タップで上に戻る」操作こそがiPhoneの"直感的で優れたインターフェイス"の1つだと思っているので、それが使いづらい大画面モデルはiPhoneの魅力を1つ欠いてしまっているようにも感じられました。

    たしかに大画面で多くの情報量を表示できるのは魅力的ですが、一方でiPhoneがこれまで作り上げてきた操作体系の一部と齟齬が生じているようにも思えます。前述の上部へ戻る操作のように、iOSの大画面には画面上部を触る操作が多くあります。たとえばマップでは、現在位置を表示するためのボタンがかなり上の方に配置されています。

    iPhone XS Maxでは、横画面でアプリを起動するとマルチカラムで使える機能が実装されましたが、その対応は一部のアプリにとどまり、ほとんどのアプリはiPhone XSとほぼ同じインターフェイスになっています。

    おそらく、今後のアップデートでは大画面化にあわせたインターフェイス改良が行われていくと思われますが、ぜひとも大画面をフルに生かせるように、iOSには「攻めのUI改善」に期待したいところです。

    また、今回は小型モデルのiPhone XSを選んだとしても、カメラなどディスプレイサイズ以外の機能面はほぼ同等です。iPhone XSとXS Maxのどちらにするかは、サイズ感で決めるのが良さそうです。

    逆に言えば、iPhone XS Maxのサイズ感がしっくりくる人には大画面・高解像度化にはメリットしかないとも言えます(もちろん、価格差もありますが)。片手で扱える自信がある方や、割り切って両手使いにするというスタンスを取る方には、まさに求めていたiPhoneになるでしょう。

    いずれにしても、購入するモデルを選ぶ前に、店頭で一度手にとってみるのをオススメします。

    関連キーワード: columns, iPhone, iPhone XS Max, phablet, review, smartphone
    230シェア
    31
    83
    0
    116

    Sponsored Contents