Sponsored Contents

Networkの最新記事

Image credit:
Save

次世代無線伝送規格の呼称が「WiFi 6」に。最大速度9.6GbpsのIEEE802.11axをわかりやすく

WiFi 5はac、WiFi 4はn

Munenori Taniguchi
2018年10月4日, 午前05:50 in Network
1020シェア
363
486
0
171

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View
無線LANの規格策定を行なう団体Wi-Fiアライアンスが、次世代WiFiの呼称を「WiFi 6」とし、2019年より認証を開始すると発表しました。「WiFi」はIEEE 802.11準拠の無線LANにおける伝送規格を総称する呼び名として使われてきましたが、それに世代を表す数字を付与することで、どれが最新の規格かが用意にわかるようになります。


WiFiは、スループットを高めるためにIEEE 802.11 b /a /g /n /ac と世代を重ねた結果、いくつもの重ねた結果、互換性を示すWiFi認証のロゴマークがあったとしても、特に初心者にはその伝送速度の違いが分かりづらくなっていました。

新たなWiFi 6という呼び名は、理論上最大伝送速度が9.6Gbpsに達する802.11axをサポートする機器を指すことになります。また、802.11acは「WiFi 5」、802.11nを「WiFi 4」と呼称することもあわせて発表されました。

Wi-Fiアライアンスは、この新しいWiFiの呼び方を導入することで企業内の管理者や一般ユーザーがより簡単にWiFiの世代の違い、どれが最新かを正しく把握でき、メーカーもより直接的に商品を宣伝できるとしています。

なお、この新しい呼び方は必ずしも使わなければならないわけではないものの、WiFiアライアンスは幅広く採用されることを期待しています。

ちなみに、過去にはIEEE 802.11aに対して「WiFi5」と表記したロゴマークを付与する話がありました。これは802.11aが5GHz帯のみを使うことをわかりやすく伝えるためでしたが、実際にはそのロゴを付けた製品が出回ることはありませんでした。

1020シェア
363
486
0
171

Sponsored Contents