Sponsored Contents

lenovoの最新記事

Image credit:
Save

「異種2画面ノート」Yoga Book C930日本版は12万4800円から。SIMフリーLTE版も同時発売

標準保証で落下や水濡れ、火災、盗難、紛失をサポートします

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2018年10月4日, 午後01:00 in lenovo
291シェア
123
98
0
70

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


レノボ・ジャパンが、10.8インチカラー液晶+E Inkの2画面モバイルノートPC『Yoga Book C930』日本版を発表しました。Web直販での予約開始は10月12日から。価格はWi-Fiモデルが12万4800円(税別)から、LTEモデルが13万9800円(同)から。SIMフリーLTEモデルも同時発売となり、また標準で拡張保証が含まれます(後述)。

特徴は非常に多く、ユニークな"異種2画面構成"に、E Ink画面を使うタッチパネル式(仮想)キーボード、2560×1600の高解像度メイン画面、360度回転ヒンジの採用、いわゆるCore m系CPUの採用によるファンレス冷却機構、本体重量約775g(Wi-Fi版)/約799g(LTE版)、厚さ9.9mmの超薄型軽量設計など。
さらにE Ink画面側に描くAESペンや、「本体を2回叩くと開く」電動マグネット式蓋固定機構など、細かな点でも枚挙に暇がないほど。

いろいろな意味で初代Yoga Bookをさらに高性能化、先鋭化させた、エッジな一台です。





最大の特徴は、一般的なノートPCではキーボードが搭載される面に配置された、電子ペーパー(E Ink)ディスプレイです。これは同じ面に搭載されたタッチパネルと相まってソフトウェアキーボードとして動作する他、内蔵されたファームウェアにより、2画面目としてPDFファイルなどの表示も可能です。

さらにE Ink面側はアクティブES(AES)方式のペン入力にも対応しており、その際にはE Ink画面が描いた図形を表示します。ペンは付属で、接続はBluetooth経由で、筆圧検知は4096段階。傾き検知にも対応と、仕様としてはかなり高めなのもポイント。非使用時は本体蓋の裏にマグネットで留めておけます。

またソフトウェアキーボードの利点を活かし、対応言語数は330と多彩。ソフトウェア制御なので、任意での変更も可能です。


▲E Ink側画面の左側表示が「クラシック」、右側が「モダン」配列です


さらに基本的なキー配列は、一般的なノートPCを模した「クラシック」に加え、非使用時のタッチパッド部を縮小し、その分キーを大きめに取った「モダン」配列も選択可能という、ユニークな特徴を備えます。

また、初代Yoga Bookと比べて目立つのが、基本性能の大幅な強化。心臓部となるCPUは、TDP 4.5W版(いわゆるYプロセッサ版)の第7世代Core m3/Core i5となり、小型軽量な本体の中では最大限とも言える性能を発揮します。
なお、Yプロセッサも第8世代が登場しましたが、あえての第7世代とのこと。

本体サイズは260.4×179.4×9.9mm(幅×奥行き×厚さ)、重量はWi-Fiモデルが775g、LTEモデルが799g。 公称バッテリー連続駆動時間は最大11時間(JEITA 2.0測定)となります。

基本仕様は
  • メインディスプレイ:10.8インチ2560×1600解像度、マルチタッチIPS液晶
  • サブディスプレイ:10.8インチ1920×1080解像度E Ink、マルチタッチ+ペン入力対応
  • CPU:Core i5-7Y54(上位モデル) / Core m3-7Y30(下位モデル)
  • メインメモリ(RAM):4GB(全モデル)
  • ストレージ:容量256GB(上位)、128GB(下位) PCI Express接続NVMe SSD
  • 外部ストレージ:microSD
  • 対応FDD-LTEバンド:1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、26、28、29、30、66
  • 対応TDD-LTEバンド:38、39、40、41

といったところ。

拡張端子は、USBタイプC(5Gbps)×2、マイクロSDカードスロット、ヘッドセット端子(3.5mmジャック)。USBタイプCは電源を兼ねるタイプのため、2基搭載されているのはありがたいところです。

隠れた特徴は、標準保証の中に落下や水濡れ、火災、盗難、紛失などの破損をサポートする『アクシデント・ダメージ・プロテクション」(ADP)が含まれる点。他のモデルでは拡張保証扱いとなるサービスが含まれるため、モバイルPCとしての実質的な利便性がさらに向上します。


▲閉じた状態での薄さが9.9mmの上、デザインもフラットなため、開くと非常に薄く。モバイルPC派の琴線に触れる薄さです


初代Yoba Bookはいわゆる"Atom系タブレットベース"の構成で、Windowsモデルでも6万円台と比較的廉価でした。
対してC930は価格こそ大幅に上がりましたが、CPUはいわゆるCore m系となり、12インチMacBookと並ぶ処理速度に。さらに変則的ながらもキーボードを搭載しつつ700g台と、Core m系PCとしても非常に軽く仕上がっています。

RAMが4GBの構成しかない、という点が非常に残念ではありますが、基本コンセプトから様々な仕様まで、モバイルPCに一家言あるユーザーは注目せざるを得ない、というほどの尖ったバランスに仕上がった本機。ぜひ店頭などで触れてみてほしいモデルです。

291シェア
123
98
0
70

Sponsored Contents