Sponsored Contents

lenovoの最新記事

Image credit:
Save

25時間駆動のスナドラ850搭載ノート、Yoga C630が日本でも発売。時期は「2018年中」

13.3型モバイルPCの新“バッテリー番長”となるか

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2018年10月4日, 午後04:30 in lenovo
297シェア
92
153
0
52

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

レノボ・ジャパンが、CPU(SoC)にクアルコム Snapdragon 850を搭載する13.3インチWindowsノートPC『Lenovo Yoga C630』の日本版を投入します。価格は現状で未公開で、発売時期は「2018年中」。

日本では他メーカーを含めて、Snapdragon搭載Windows機"WOS"(Windows on Snapdragon)は投入が見送られてきたため、このC630が日本市場向け第1号機となりそうです。


特徴は、Snapdragon搭載スマホの特徴を引き継ぐ、超長時間駆動とLTEモデム部の信頼性の高さ。とくにバッテリー駆動時間は、ワールドワイド基準の公称値で「最大25時間」と、公称とはいえ1日超。対立要素である重量は約1.2kgとそこそこですが、それを勘案しても長時間です。



また本体構造は、Yogaシリーズの360度回転ヒンジを継承。いわゆるタブレットモードやテントモードなどでも使えます。

実はレノボは今世代モデルより、Yogaシリーズは「コンシューマー向け高級ノートPC」とブランドの位置づけを変えているため、"Yogaと名が付くが360度ヒンジでない"『Yoga S730』なども発表しています。そうした中でC630は"本来のYoga"系のモデルでもあるわけです。

なおレノボ側によれば、今後の360度ヒンジ対応機のモデル名には、数字の前に「C」(Convertibleの意)が付くとのこと。

もう一つの特徴であるLTEモデムは、当然ながらSnapdragon 850内蔵品をそのまま使用。そのため、理論値速度は下り側で最高1.2Gbpsと高速。またスマートフォンの世界で定評ある通信安定性などのメリットもそのまま引き継ぎます。



一方でデメリットとしては、多くのPC向けアプリケーション(インテルx86命令を前提としたアプリ)の速度的な不利が挙げられます。これは、Windows側の搭載するエミュレーターを介した実行となるため。
ただしSnapdragon 850の地力は意外に高く、たとえばMicrosoft側の動作デモでは、Microsoft Officeがスムーズに動作する点などを見せています。本機でもこのあたりには相応の期待ができそうです。


さて、ワールドワイド版での基本仕様は、
  • ディスプレイ:フルHD解像度、マルチタッチIPS液晶
  • CPU(SoC):クアルコム Snapdragon 850
  • メインメモリ(RAM):8GB / 4GB
  • ストレージ:256GB / 128GB
  • 拡張端子:USBタイプC×2(電源入力兼用、5Gbps)、ヘッドセット端子、SIMカードスロット
  • 生体認証:指紋センサー
  • 本体サイズ:306.8×216.4×12.5mm(幅×奥行き×高さ)
  • 本体重量:約1.2kg
といったところ。



このようにYoga C630は、本体サイズや重量などは昨今のモバイルノートPCの主流的な仕様を保ちつつ、SoCをSnapdragonとすることでバッテリー駆動時間を伸ばし、常時LTE接続に対応するという位置づけのモデル。

レノボ側は「スマートフォンのようにスリープから立ち上げて即使える快適さ、長いバッテリー駆動時間を提供」「利用スタイルによっては2日以上充電なしで作業が行えます」といった点で、電源なし、Wi-Fiなしでも使える快適さをアピールします。

本日発表されたYoga Book C930とは別のベクトルでPC派ヘビーモバイラーに刺さる仕様の本機は、それゆえに日本投入は喜ばしいもの。願わくば、ワールドワイドの発表時は999ユーロとされた本体価格(の内外価格差)も、できる限り健闘してほしい......とお願いしたいところです。


297シェア
92
153
0
52

Sponsored Contents