Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Apple Parkをレゴで完全再現 使用ブロックは8万個超(画像あり)

レゴの可能性は無限大

Kiyoshi Tane
2018年10月5日, 午後01:00 in apple
220シェア
65
91
0
64

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

アップルの新社屋Apple Parkを、在野のレゴ職人がレゴで再現した写真が公開されています。

Apple Parkの敷地は約70万㎡で、そのうちオフィススペースの床面積は26万㎡。これを1/650スケールで再現したモデルには、約8万5000個ものブロックが使用されていると述べられています。

Apple
レゴ職人のSpencer_R氏は、Apple Park建設中の現場をドローンで空撮した映像を見て、「水平な超高層ビル」を建設するうってつけのプロジェクトを見出したとのこと。広大な敷地に広がっていて様々な構造を持つ施設群は、まさに「水平な超高層ビル」と呼ぶにふさわしいものです。

Apple
Spencer_R氏は2年以上もの歳月をかけて、プロジェクトを完了。19㎡の広さの中に1647本もの木が植えられたという密度は凄まじい域に達しており、総重量は35kgにもおよびます。

Apple
社屋本体はもちろん、先日iPhone発表イベントが行われたスティーブ・ジョブズ・シアターやテニスコートから、100年もの歴史を持つ「Glendenning Barn」という小屋まで余さず配置されています。
Apple
実物大で運転可能なスーパーカー「ブガッティ・シロン」まで作れてしまったレゴブロック。人間の創意と工夫と根気がある限り、可能性は無限大かもしれません。


Via: 9to5Mac
Source: Flickr
関連キーワード: apple, applepark, iphone, lego, SteveJobs, toy
220シェア
65
91
0
64

Sponsored Contents