Sponsored Contents

e-sportsの最新記事

Image credit:
Save

「クラロワリーグ 世界一決定戦 2018」が12月1日に幕張メッセで開催

世界のトッププレイヤーが日本に集結!

岡安学, @digiyas
2018年10月9日, 午前06:30 in e-sports
100シェア
0
100
0
0

連載

注目記事

Supercellが展開する『クラッシュ・ロワイヤル』。そのeスポーツリーグ「クラロワリーグ」が絶賛開催中です。日本が参加している「クラロワリーグ アジア」をはじめ、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中国の5つの地区でプロリーグが開催されており、全44チームが参加しています。

この5つのリーグの優勝者が一堂に会し、世界一を争うのが「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」(Clash Royale League World Finals 2018)。昨年までは、個人戦としてアマチュア世界一を決める「クラロワ 世界一決定戦」(冒頭の画像は12月に開催されたときのもの)が開催されていましたが、今年から始まったプロリーグの世界一を決める大会は初となります。


▲クラロワリーグ世界一決定戦が幕張メッセで開催決定!

そんな「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」の開催日と開催地が10月3日に発表されました。開催日は12月1日。開催地はなんと日本!? 幕張メッセで行われます。発表当日にチケットの販売が開始され、発売2時間で完売してしまうほどの人気っぷり。残念ながらこの記事を見て見に行きたい! と言う人は間に合わないわけですが、チケットの追加販売があるかもしれないので、興味がある人は公式サイトを頻繁にチェックしておいた方が良いかも。


▲Supercell eスポーツアジア担当 殿村 博氏

この人気ぶりに対し、Supercell eスポーツアジア担当の殿村氏は「一ヶ月かけて、なんとかチケットを売ろうと考えていたので驚きです。『クラロワ』ファンの熱量の高さに、襟を正さなければと感じています」と答えていました。

日本で開催するということで、開催国枠により日本チームの参戦は確実となりました。「クラロワリーグ アジア」は、他の地区に先駆け、シーズン1を経験しており、その結果、1・2位を日本チームが獲得。それもあり、アジア枠と合わせて、2チームが世界一決定戦に進出する可能性もあります。現シーズンの首位(10月8日時点)も日本のポノススポーツと、日本勢は好調を維持しています。

ちなみに「クラロワリーグ アジア」は、日本4チーム、韓国4チーム、東南アジア諸国と地域の4チーム、計12チームで争われています。


▲左からシュン選手、RAD選手、コー選手、殿村氏

日本での開催を受け、日本チームのデトネーションゲーミングのコー選手、ゲームウィズのシュン選手、FAVゲーミングのRAD選手に意気込みを語っていただきました。
  • 「日本の幕張メッセで開催することで、注目度が高くなっているので、ぜひとも出場したい」(コー選手)
  • 「日本での開催はチャンスがある。他のチームが出ている世界一決定戦は見たくない」(RAD選手)
  • 「確実に日本から1チーム出られるし、日本チームが2チーム出る可能性もあると思います。個人的には日本だと飛行機に乗らなくて良いので良かった(笑)」(シュン選手)



なお、クラロワリーグ アジアはちょうど折り返し地点を過ぎたところ。世界一決定戦出場に向けてより一層熱い戦いが期待できそうです。

チケットが購入できなかった人でも、大会当日はYouTubeをはじめとする動画配信サイトにてストリーミング配信される予定なので、そちらもチェックしておくのがおすすめです。。もしかすると、パブリックビューイングなどが行われる可能性もあるので、『クラロワ』ファンと一緒に応援できるかも? 続報に期待しましょう。







夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: e-sports, esports, event, game, games, smartphone
100シェア
0
100
0
0

Sponsored Contents