Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:
Save

Pixel 3発売に合わせGoogleレンズが日本語対応。リアルタイム認識も可能に

Googleフォトや単独アプリならPixel以外でも使えるはず

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月10日, 午後12:58 in ai
253シェア
45
121
0
87

連載

注目記事


日本時間10月10日に開催されたMade By Googleイベント、そこで発表されたPixel 3 / 3 XLは日本での発売も決まっていますが、これにあわせ、Googleレンズの日本語対応も明らかになりました。ついに日本でもGoogleレンズが利用可能になります。


Googleレンズは、カメラで写したものを認識し、それに関連する情報を表示する機能です。ランドマークであればその情報、メガネや服などのファッションアイテムであれば類似製品の購入情報を表示。ほかにも動植物を特定したり、文字を認識してテキストとして取り込むなども可能です。



2017年5月のGoogle I/Oで発表されており、その後Googleフォトにも搭載。スタンドアロンアプリも公開されましたが、いずれも日本では使えませんでした。


また、昨年のGoogle I/ Oでの発表時には、カメラをかざすとリアルタイムに認識するとされていましたが、今日までこの機能は実現しておらず、撮影した写真でのみ認識を行えました。

しかし、Pixel 3 / 3 XLでは、ついにカメラアプリでのリアルタイム認識に対応。発表から1年半を経て、ようやく目指した形になりました。カメラを調べたいものに向けて画面を長押しするとGoogleレンズが起動するとのことです。

ただ、リアルタイム認識は、すべての機種で利用できるわけではありません。いずれ対応機種は増えると考えられますが、すぐに試したいのならPixel 3 / 3 XLを使う必要がありそうです。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

253シェア
45
121
0
87

Sponsored Contents