Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Pixel 3/XLの日本価格公開、FeliCa対応も。直販では9万5000円から

Pixel 3 XLは割高感が……

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2018年10月10日, 午前02:25 in google
822シェア
184
526
0
112

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

Googleが発表したスマートフォン『Pixel 3』『Pixel 3 XL』。その日本での価格が、Googleの直販ストアで公開されました。原稿執筆時点での注文状況は「在庫なし。ウェイティングリストに移動」との扱いですが、価格情報は確認できる状態です。

また、日本版の仕様表も公開。搭載がウワサされていたFeliCa機能に関しても(少なくともハードウェアとしては)記載が確認できます。

Gallery: Pixel 3 XL ハンズオン | 12 Photos

12



実際の価格は、Pixel 3(5.5インチ画面版)とPixel 3 XL(6.3インチ版)ともに、ストレージ容量別で2グレード。
Pixel 3の64GB版が9万5000円、128GB版は10万7000円。Pixel 3 XLの64GB版は11万9000円、128GB版は13万1000円となります。

なお日本での本来カラーバリエーションに関しては『ダークブラック』『クリアリー ホワイト』『ノット ピンク』と、米国版そのままの3色展開となっています。このあたりは嬉しいところでしょう。



気になる内外価格差ですが、米国版ではPixel 3が799ドル(約9万円)と899ドル(約10万2000円)。Pixel 3 XLは899ドル(約10万2000円)と999ドル(約11万3000円)という設定。

日本での価格と比較してみると、Pixel 3無印はともかく、XLは正直なところ、ちょっと割高では......と感じる差です。また「米国では同一価格となる構成がある(無印128GB版とXL 64GB版)なのに、日本だと差が付く」あたりも、若干もやっとするところ。

ただしもちろん、日本で正式に発売してくれるというだけで嬉しいニュースではあり、また見方を変えれば、無印のほうがお買い得、ということも言えそうです。



もう一つのFeliCa機能に関しては、技術仕様ページの「ネットワーク」欄にしっかりと記載されています。ただし現状ではハードウェア側の対応のみであり、アプリ側の対応(とくに「おサイフケータイ」に対応するか否か)は不明。

ただし、現時点ではGoogle PayでSuicaを使うためにおサイフケータイへの対応が条件となることなどから、こちらも期待はできそうです。



なお、本誌読者が気になるであろう「これは日本版ハードウェアとして用意されるパターンなのか」という点に関しては、たとえば米国のページではFeliCaの代わりに「eSIM」との記載があり、また他の国の仕様でも「Japan SKU」的な記載がある点などから「ハードウェアレベルで異なっている」可能性は高そうです。



海外での謎の流出の数々を差し置いて、Pixel 3/XLの日本での価格や仕様は、公式発表での「日本でも発売される」点を除けばほぼ不明という状態でしたが、正式発表に伴い、やっと気になる点が見えてきました。

おサイフケータイ対応の有無や、ウワサされるキャリア版の有無、そして構成など、大きな不明点もいくつか残ってはいますが、そのあたりも近日中にはクリアになるなず。
とくにFeliCaに関しては、少なくともハードウェアでは対応しているということで、まずは一安心、という読者もおられるのではないでしょうか。
​​​​​​​

Gallery: Pixel 3 ハンズオン | 22 Photos

22


822シェア
184
526
0
112

Sponsored Contents