Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト、スマホでXboxのゲームが遊べるProject xCloud発表。2019年に公開試験開始

モバイル回線でも動作可能

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月10日, 午前11:50 in av
170シェア
20
100
0
50

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

Microsoftは10月8日(現地時間)、特定のデバイスに縛られず、好きなデバイスで自由にゲームがプレイできるゲームストリーミング技術「Project xCloud」を発表しました。これは今年6月のE8で予告されていたXboxのゲームストリーミングサービスです。


ゲームストリーミングサービスは、クラウド上のサーバーでゲームを動かし、その画面をユーザーの手元のデバイスに配信するサービス。ある程度の通信速度は必要となるものの、ハイスペックなグラフィックカードやプロセッサは必要なく、それこそスマートフォンやタブレットなどでも使えるのが特徴です。

実際、Project xCloudではXboxのワイヤレスコントローラーとBluetooth接続したスマートフォンやタブレットでテストが行われているとのこと。コントローラーがなくてもプレイできるよう、専用のタッチオーバーレイも開発中としています。



対象となる具体的なタイトルなどは発表されていませんが、現在Xbox Oneで利用可能な3000以上のタイトル、そして今後登場するタイトルが、追加の作業なしでProject xCloudで利用可能になるとのことです。

手元のハード性能は要求されないとして、気になるのが必要となる回線速度。現在のテスト環境では10Mbpsで実行しており、4Gネットワーク上でのプレイに対応しています。今後5Gネットワークが展開されれば、それにあわせて動的に拡張していくとのことです。

同様のサービスとしては、GoogleがProject Streamとして10月5日から米国でベータテストを開始しています。こちらの推奨回線速度が25Mbps以上だったことを考えると、通信速度の敷居はかなり低そうです。


加えて、できるだけ多くの環境で動作するよう、可能な限り低いビットレートで高品質な体験の提供を目指すとしてます。

Project xCloudは2019年に公開試験を開始予定となっています。


170シェア
20
100
0
50

Sponsored Contents