Sponsored Contents

aquossense2の最新記事

Image credit:
Save

au、AQUOS sense 2を11月上旬に発売。順当進化のスタンダードモデル(訂正)

ノッチなしの縦長IGZO液晶を搭載

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月11日, 午前10:02 in aquossense2
84シェア
6
39
0
39

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


auが2018年秋冬モデルとして、シャープ製スマートフォン「AQUOS sense2 SHV43」を発表しました。11月上旬に発売予定です。

画面サイズは5.5インチ 2160×1080でアスペクト比は18:9。画面のアプリ表示領域は、昨年発売したAQUOS senseから約23%拡大しているとのことです。

その液晶パネルは、もちろんIGZO。廉価モデルながら、色調整機構「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応し、上位モデル並みの色表現を実現するとされています。

SoCはSnapdragon 450を採用。初代senseと比較して、CPU性能20%、GPU性能が30%向上とのこと。一方でRAM 3GB、ストレージ32GBは従来通り。IP68相当の防水防塵に対応しますが、おサイフケータイには非対応です。 (訂正)初出時、おサイフケータイ非対応としていましたが、対応しています。訂正しお詫び申し上げます。

背面カメラは1200万画素(F2.0)。イメージセンサーのサイズは、初代senseから25%大型化(1.25μm)し、暗所でもノイズを抑えた撮影が可能だといいます。また、ソフト面ではAIによるシーン判定に対応。夕景も料理も自動でキレイに撮影できるとアピールされています。

フロントカメラは、AQUOS senseの500万画素から800万画素に向上。流行りの美肌補正を強化した「AQOUS beauty」を搭載し、より自然で美しいセルフィーが可能とのことです。

本体カラーは「アイスグリーン」「シルキーホワイト」「ピンクゴールド」「ニュアンスブラック」の4色。




84シェア
6
39
0
39

Sponsored Contents