Sponsored Contents

sharpの最新記事

Image credit:
Save

国産有機ELスマホ AQUOS zero ソフトバンクが12月上旬発売

6.2インチで146gの軽さも訴求

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年10月11日, 午後02:04 in sharp
133シェア
14
80
0
39

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


ソフトバンクは、国産有機ELディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「AQUOS zero」を12月上旬に発売します。

「AQUOS zero」は、シャープが大阪府と三重県で生産した、6.2インチ 2992 x 1440解像度の国産有機ELディスプレイ(OLED)を搭載。重さは146gで、6インチ以上・電池容量3000mAh以上のスマホでは世界最軽量としています。

特徴は、6.2インチの大画面ながら146gという軽さです。4.7インチのiPhone 8と同じ重さで、この実現にはバックライトが不要で薄型軽量化に有利な有機ELディスプレイのほか、側面にマグネシウム合金、背面に軽量なアラミド繊維を採用したことも貢献しています。



搭載する日本製の有機ELディスプレイ(OLED)は、中央に向かって緩やかに盛り上がる曲面形状を採用。このラウンドフォルムにより、指の動きにあった自然なタッチ操作が行えるとのこと。コントラスト比は100万:1で、DCI-P3規格(デジタルシネマの標準規格)の色域も100%カバーします。

前面には上下にステレオスピーカーを搭載。立体音響技術のドルビーアトモスにも対応し、シーンに合わせたリアルな映像と、没入感のあるサウンドを楽しむことができます。

カメラは「AQUOS R2」で採用したデュアルレンズではなく2260万画素のシングルレンズ構成を採用。AQUOS R2から動画用カメラを取り除いた構成です。

その他仕様は、Snapdragon 845オクタコアCPUと6GB RAM、128GBのストレージなど。

カラーはアドバンスドブラックの一色展開です。


133シェア
14
80
0
39

Sponsored Contents