Sponsored Contents

jaybirdの最新記事

Image credit:
Save

Jaybirdの新型ワイヤレスイヤホン「TARAH」と「X4」を使ってみた

ガチランナーも、そうでない人も

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年10月11日, 午後06:20 in jaybird
64シェア
2
18
0
44

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View
スポーツ向けのイヤホンを多く手がけるJaybirdからワイヤレスイヤホンの新製品「TARAH」と「X4」が登場しました。

いずれもランナーと共に開発されており、汗をかいても壊れにくい設計、長時間の使用が可能なバッテリー、走っても外れないような設計、デザイン、多機能なスマートフォン向けアプリケーションが用意されている点などが特徴です。



BLACK METALLIC/FLASH(BMF)、STORM METALLIC/GLACIER(SMG)、ALPHA METALLIC/JADE(AMJ)と3つのカラバリが用意される「X4」に対し、「TARAH」は、BLACK/FLASH、NIMBUS GRAY/JADE、SOLSTICE BLUE/GLACIERの3色で展開されます。

価格は「TARAH」が1万3880 円(税別)、「X4」が16880円(税別)。前者は2018年10月25日(木)、後者は2018年10月11日(木)に発売されます。

先行して実機を試用する機会が得られましたので、本稿では両モデルのインプレッションをお届けしたいと思います。

使い勝手の良い、工夫された設計


▲「Jaybird TARAH」(左)と「Jaybird X4」(右)を装着した様子。着け心地や本体サイズはほぼ同じです

箱に入っている付属品はそれぞれ異なります。


▲「TARAH」本体と付属品

「TARAH」では、同社製品初のイヤージェル(柔らかいシリコン製のイヤーピース)が採用されており、左右それぞれ3種類のサイズが付属しています。


▲「X4」本体と付属品

「X4」では、イヤーフィンと呼ばれる耳のふちに沿うようなパーツが左右それぞれ3サイズ、柔らかさの異なるイヤーチップ2種が左右それぞれ2サイズ付属します。両モデルとも、複数サイズのイヤーピースが同梱されているので、左右で耳のサイズが異なる人でも安心です。

なお、「X4」のみ専用ケースが付属しています。

両モデルとも、左右を繋ぐケーブルが絞れる「スピードシンチ」というパーツが付属しているので、コンパクトにまとめてポケットやカバンにしまっておけます。


▲Beats by Dr.Dreの「Beats X」(上)と「X4」(下)を並べてみた

「Beats X」と比較すると、とても短くコンパクトなことがわかります。



使わないときは、付属のクリップで服にとめておけるので落ちる心配もありません。

耐久性

「TARAH」と「X4」は両方とも30分間1mの水深に水没しても製品内部に浸水しないIPX7の防水性能を持ちます。塩分や油を含んだ汗にも強い設計で、アクティブな人でもそうでない人でも安心して使うことができる耐久性能と言えるでしょう。

接続方法と使い方

「TARAH」と「X4」の初期設定は一般的なBluetoothイヤホン変わらず簡単です。




iOSとAndroidのスマートフォン向けに「Jaybird」アプリが用意されており、これを使うことで、ビジュアルイコライザーを使ってジャンルごとにプリセットされているイコライザーを選択したり、低音・高音・中音域の強調したりできるなどのカスタマイズが行えます。世界中のアスリートやアーティストがカスタマイズしたイコライザーセットなども用意されているのが面白いポイントと言えるでしょう。

設定したイコライザーのデータは「TARAH」と「X4」の本体に保存されるので、「Jaybird」アプリとの接続がない状態でもカスタムしたイコライザーと使うことが可能です。



バッテリー持ちと音質

「TARAH」は1.5時間の充電で最大6時間の再生、「X4」は2時間の充電で最大8時間の再生が可能。フルマラソンのような長時間のランニングでも再生し続けてくれます。また、10分間の急速充電で1時間の再生可能なので、充電を忘れてしまった時でも着替え中などの隙間時間で充電できます。

音質は、価格ゆえに決して良いとは言えません。低音よりも中音から高音域にかけてが強調されており、楽曲によってはバスドラムやスネアドラムよりもシンバルやトライアングルなどのキンキンとした金属音が気になりました。

まとめ、音質よりも機能重視

「TARAH」と「X4」は、耳にフィットしやすい設計と、アクティブユーザーでも満足できる耐久性能がとても魅力的です。アプリを使えばユーザー好みの音質に設定できたり、世界中の人がどんな音質を好むのかを知ることができたりするので、インターネットやテクノロジーが発達したこの時代にふさわしい、新しいスタイルのイヤホンだと言えるでしょう。

64シェア
2
18
0
44

Sponsored Contents