Sponsored Contents

nintendoswitchの最新記事

Image credit:
Save

初代ゼルダ「お金持ち版」がスイッチオンラインでサプライズ配信。任天堂公式のイージー版、お金とアイテム山盛りで開始

予告なしで突然登場した、メーカー公認改造版です

Kiyoshi Tane
2018年10月11日, 午後03:15 in nintendoswitch
537シェア
217
253
0
67

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

任天堂は10月10日、 Nintendo Switch Online向けに『ソロモンの鍵』『熱血高校ドッジボール部』『マリオオープンゴルフ』を追加するとともに、『ゼルダの伝説(お金持ちバージョン)』をひそかに配信スタートしました。

このお金持ちバージョンは、ルピー(お金)&アイテム山盛りで始められるスペシャルバージョンです。『ゼルダの伝説』初体験の人には入門のハードルを下げ、当時クリアできなかった人もお金の力でガノンを倒せる思いやり仕様となっています。

zelda

元々は1986年にディスクシステム用に発売された『ゼルダの伝説』、いわゆる初代ゼルダは、容赦ないハードコアな難度で知られています。

zelda

ろくな説明もないまま裸一貫でフィールドに放り出され、主人公リンクの屍を超えていった先に手探りで道を切り開く、無限に時間と根気のある小学生にとってコストパフォーマンスが高い作りでした。

今回のお金持ちバージョンは、任天堂謹製によるスーパーイージー版。非公認の違法改造ROMでは前例があったものの、公式に各種パラメータを弄ったものが配信されるとは驚きです。

zelda

ハートの初期値が3から6に増やされているのもさることながら、最初からホワイトソードやマジカルシールド、ブルーリングやパワーブレスレットといった強力な装備がそろっているありがたみ。

初代ゼルダは地道に作業を重ねればレベルが上がる経験値などなく、強くなるためにはアイテムを集めるほかありません。が、アイテムを取るためにはダンジョンなどの探索をしなければならず、しかし弱いからたどり着く前にやられる......という哀しいループもありました。

つまりお金持ちバージョンは、そうした初心者がハマりがちな序盤を乗り切る手助けをしてくれるバージョン、というわけです。

さらに国内版の説明では触れられていませんが、北米版では「一度クリアすれば、より歯ごたえのあるセカンドクエストをプレイできます」と記載されています。

zelda

基本的には元のバージョンのようですが、ガノンをお金の力で屈服させた後は、再びリンクの屍を積み重ねるあの頃に戻ってはいかがでしょう。それでも一周目でマップが把握できている分、少し楽にはなっているはずです。

537シェア
217
253
0
67

Sponsored Contents