Sponsored Contents

motorolaの最新記事

Image credit:
Save

機能拡張スマホ「moto z3 play」日本上陸 3キャリア回線に対応

SIMフリーで10月13日発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年10月12日, 午後01:10 in motorola
263シェア
63
140
0
60

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

モトローラは、外付けモジュール「moto mods」でさまざまな機能を拡張できる moto zシリーズの新モデル「moto z3 play」を10月13日に発売します。本体価格は5万6800円(税別)です。

「moto z3 play」は、moto zシリーズ専用の拡張モジュール「moto mods」を装着することで、さまざまな機能を後付けできるスマートフォンです。

スピーカーやカメラ、撮影写真をその場で印刷できるポラロイドなど、さまざまなmoto modsを用意。それらを装着することで、スマートフォン単体では実現が難しい多彩なデバイスへと進化できます。

engadget▲背面にある専用端子を介してmoto modsを接続、すべてのmoto modsを利用できる。

engadget

engadget

engadget
▲光学ズーム対応のカメラ・プリンター(ポラロイド)・プロジェクターなどさまざまなModsを用意

先代の「Moto Z2 Play」と比較すると、画面は6.01インチ(2160x1080)のOLEDに大型・縦長化。また、背面カメラは1200万画素+500万画素のデュアル仕様に進化しました。RAMは4GB、ストレージは64GB。プロセッサもSnapdragon 636を搭載し、前モデルと比べて処理速度が30%向上したとアピールします。

筐体の側面には指紋センサーを搭載。また、顔認証によるロック解除にも対応します。

engadget

engadget

moto zシリーズとして初めて3キャリア回線に対応。KDDIのIoTも取得しており、au VoLTEを含めて対応します。また、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)も利用できます。

本体カラーはディープインディゴの1色展開。18Wの急速充電器も同梱します。バッテリー容量は3000mAhです。

関連キーワード: mobile, motorola, motoz3play
263シェア
63
140
0
60

Sponsored Contents