Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Pixel Budsの翻訳機能がPixel以外のスマホや、Googleアシスタント対応ヘッドホンでも利用可能に

言語の壁は、ますますます低く

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月14日, 午後03:00 in google
233シェア
28
95
0
110

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View
Googleが昨年、Pixel 2 / 2 XLとともに発売したワイヤレスイヤホンのPixel Buds。左右完全ワイヤレスではありませんでしたが、Google翻訳を利用したリアルタイム翻訳機能が話題になりました。


ただこの翻訳機能、蓋を開けてみれば、ペアリングするスマホがPixelもしくはPixel 2でのみ利用可能という厳しい制限があったため、実際に使えるユーザーはごく限られていました。
しかし、Googleはこの制限を廃止。Pixel以外でも利用可能となりました。

これは、Pixel Budsのヘルプページが更新され、「Google Translate is available on all Assistant-optimized headphones and Android phones.(Google翻訳はアシスタントに最適化されたすべてのヘッドホンとAndroid端末で利用できます)」の記述が追加されていることからわかります。

どうやら、Pixel PudsがPixel以外でも利用可能になるだけではなく、Pixel Buds以外のGoogleアシスタント対応イヤホンやヘッドホンであれば、リアルタイム翻訳機能が利用可能になるようです。
Pixel Budsは日本で販売されていないだけに、この変更は歓迎したいところです。

Google音声翻訳対応言語

この音声翻訳機能が対応する言語は、上記の表の通り。日本語を含む40言語が挙げられています。

なお、Pixel 3にはUSB-Cタイプのイヤホンが付属しますが、これでも翻訳機能は利用可能です。また、このイヤホンは日本でも単品で購入できます。


早速、テックサイトのDroid LifeがこのUSB-CタイプのPixelイヤホンをEssential Phoneで利用してみたところ、Pixel Budsと同等の翻訳機能が使えたとのことです。

いまのところ翻訳機能が利用可能な機器のリストは公開されていませんが、BOSEのQC 35 II(QuietComfort 35 wireless headphones II)など、Googleアシスタント対応のイヤホンやヘッドホンを所有しているユーザーなら、試してみる価値はありそうです。


233シェア
28
95
0
110

Sponsored Contents