Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

来年のiPhoneもIP68防水性能、5.8/6.1/6.5インチの画面サイズを維持するとのうわさ

iPhone XRの絶好調も予測されてます

Kiyoshi Tane
2018年10月16日, 午後12:40 in iphone
97シェア
15
37
0
45

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

先月iPhone XS/XS Maxが発売されたばかりでiPhone XRの予約開始を控える10月中旬ですが、早くも来年のiPhoneの噂が報じられています。

アップル関連の予測で知られるTF SecurityのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2019年モデルのiPhoneには2018年モデルと同様にIP68の防水性能が備わると予測。さらに3タイプの画面サイズについても述べています。

また、Kuo氏は2018年モデルのiPhoneの売行きにも言及しており、iPhone XRがホリデーシーズン(年末商戦)後も他社スマートフォンよりも好調を維持し続けると予測しています。

中国メディアのEconomic Daily Newsは、Kuo氏は2019年モデルのiPhoneが、iPhone XS/XS Maxと同じIP68相当の耐水性能を持つとして「新iPhoneの防水仕様は来年も変わらない」と述べたと報じらています。

さらに米MacRumorsによると、Kuo氏は2019年の3モデルが今年と同じ構成、すなわち5.8インチと6.5インチのOLEDモデルおよび6.1インチLCDモデルといった画面サイズ構成を維持すると予測したとのこと。
Kuo
今年は「S」の年、つまりマイナーチェンジに留まり、来年にはラインナップの整理、あるいは新たな画面サイズが導入される可能性もあるとの見方もありましたが、現在のラインアップがもう一年続くとされています。

その一方、米AppleInsiderが入手したとするメモでは、Kuo氏はアップルの2019年第1四半期(2018年10月〜12月)においてiPhoneが最大8300万台売れるとして、以前の8000万台から上方修正しています。

これはiPhone XRの売行きに対する楽観視から来るもの。Kuo氏はエッジトゥエッジのディスプレイ、バッテリー持続時間の長さ、デュアルSIMをサポートし、新たなフォームファクタを採用したiPhone XRは、iPhone 8を超えるヒット商品になると考えているとか。発売が遅れる原因となった製造上の問題は全て解決されたと報告しています。

iPhone XRは、ホリデーシーズン(年末商戦)後に付きものの「売行きの季節的な落ち込み」も影響が低いとされています。iPhone 8が50%近く低下したのに対して、iPhone XRは30%の低下に留まるとのこと。スマートフォン業界全体では約40%低下するとされ、その中では好調を保つとされています。

先行したiPhone XS/XS Maxは中国での売上が「期待はずれだった」との報道もありました。がぜん、比較的お求めやすいiPhone XRに期待がかかる流れですが、日本での国内キャリア価格は最安値のauで9万8400円(税込)から。果たして市場が「高機能のわりに安い」と歓迎して大ブームが起きるかどうか、見守りたいところです。

97シェア
15
37
0
45

Sponsored Contents