Sponsored Contents

adobeの最新記事

Image credit:
Save

アドビ、ほぼフル機能のPhotoshopをiPadに投入へ

2019年にリリース予定…ということは…?

笠原一輝(Kazuki Kasahara), @KazukiKasahara
2018年10月15日, 午後11:00 in Adobe
2707シェア
952
1463
0
292

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
Adobe、レイヤーなど(ほぼ)フル機能を備えたPhotoshop CC for iPadを来年投入へ~ビットマップとベクターを同時に扱えるProject Geminiも開発中、Project RushはPremiere Rush CCとして正式発表、急速にマルチデバイス対応へと舵を切る

ソフトウェアメーカーのAdobe Systems(以下Adobe)は、10月15日(現地時間)から同社のCreative Cloud製品をテーマにしたプライベートカンファレンス「Adobe MAX」をアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼル市で開催している。初日の基調講演は同日の午前9時から開催されるが、それに先だってAdobeはいくつかの発表を行なった。

この中でAdobeは、同社が開発してきた「Photoshop CC for iPad」という名称の新しいiPad用のPhotoshopを発表した。Photoshop for iPadは、従来Adobeがモバイル(iOS/Android)用として提供してきたPhotoshop Mix、Photoshop Sketch、Photoshop Fixなど機能により分割されたモバイルアプリケーションとは異なり、PC用のPhotoshopの機能をモバイル環境で実現する(ほぼ)フル機能版のPhotoshopになる。

同時にAdobeはビットマップとベクターデータを同時に扱うことができる新しいアプリケーション「Project Gemini」(プロジェクトジェムナイ、開発コードネーム)の開発意向表明を行なったほか、6月に行なわれたVidconでプレビュー公開されていた新しい動画編集ソフトウェア「Project Rush」(プロジェクトラッシュ、開発コードネーム)の正式版として「Premiere Rush CC」を発表し、Creative Cloudユーザーに提供開始したことを明らかにした。

プロにとって残念な機能限定版じゃないんです
PSDもレイヤーも使える(ほぼ)フル機能なPhotoshop CC for iPad

Adobeが発表したPhotoshop CC for iPadはその名前からもわかるように、Photoshop CCのiPad版になる。本格的にiPad Proなどでイラストを描きたいと思っているプロフェッショナルユーザーであれば「あーどうせこれまでみたいに、限定された機能しか用意されていないんでしょ」と斜に構えたくなると思うが、ちょっと我慢して読み進めてほしい。

確かに、これまでAdobeがモバイル向けに提供してきた「Photoshop」と名前のつくアプリケーションが、プロにとっては微妙な存在だったことは否定しない。AdobeはPhotohopのブランドでPhotoshop Mix、Photoshop Sketch、Photoshop Fixといったモバイルアプリケーションを、iOSやAndroid向けに提供してきた。しかし、アプリによってはPhotoshopのブラシを持って行って使えたりで来たのだが、PhotohopのPSDファイルが読み込めなかったりと、確かに中途半端と言われても仕方がない面はあった。というのも、これまでAdobeはモバイルアプリを、スマートフォンユーザーをCreative Cloud(同社のサブスクリプション型クリエイティブツール)に取り込むための入り口と位置づけており、ある程度使ってもらったらPC版のCreative Cloudにアップデートしてもらうというのがコンセプトだったからだ。

Adobe▲Photoshop CC for iPadの機能

しかし、今回発表されたPhotoshop CC for iPadはそうではない。「Photoshop CC」という名前がついていることからもわかるように、Creative Cloudを契約しているユーザーが対象となる製品で、かつPhotoshop CC for iPad自体がフル機能を持つソフトウェアになる。つまり簡単にいってしまえば、今Windows/macOSのPhotoshop CCで出来ていることは、Photoshop CC for iPadでも出来るようになる。Adobeによれば、Photoshop CC for iPadはレイヤーを扱うことが可能で、Windows/macOS版のPhotoshop CCで作成したPSDファイルをそのまま編集することができる。かつ、他のCreative Cloudのアプリケーションと同じように、AdobeのクラウドサービスであるCloud Syncの機能を利用して、自動でPCとiPad間でデータファイルの同期を行なわせることができる。

Adobe
▲Adobe MAXのタイミングリリースされたPhotoshop CC 2019(macOS版)のレイヤー機能

Adobe
▲Photoshop CC for iPadで同じ画像ファイルを開き、レイヤーを見ているところ

Gallery: Photoshop CC for iPadの画面 | 6 Photos

6


記事を執筆している時点では特にデザイナーにとっては重要な機能であるPhotoshopで作成しておいたブラシをPhotoshop CC for iPadで利用できるか、あるいはPC版のPhotoshop CCとCloud Syncを利用して同期できるかに関して情報はないが、最初のバージョンでなくても徐々に機能が追加されていくなかで実装されることは間違いないだろう。

Adobeによれば、Photoshop CC for iPadは2019年になってからのリリースが予定されているという。このAdobeがこの時期に開発コードネームではなく製品のブランドも含めて発表するということ(翌年のAdobe MAXで製品が発表される製品はコードネームとして公開されるのが通例)は2019年は2019年でもそんなに遅くない時期という可能性が高く、iPad ProとApple Pencilでイラストを描いているユーザーは要注目だ。

Ps+IrとなるProject Geminiの開発意向表明
Premiere Rush CCを正式発表

Adobeは同時にProject Gemini(プロジェクトジェムナイ、開発コードネーム)の開発意向表明を行なった。Project Geminiは、従来はビットマップデータを扱うPhotoshop CC、ベクターデータを扱うIllustrator CCと2つのアプリケーションに分離していたペイント、ドローツールを1つに統合した機能を持たせるアプリケーション。Photoshop CCのブラシを適用することが可能で、新しい機能としてダイナミックブラシという機能も用意される。また、Photoshopとのデータのやりとりも可能になるので、これまでPhotohopとIllustratorの両方を使っていたというユーザーにとっては福音になるだろう。

Adobe▲Project Gemini

Lightroom CCやPremiere Ruch CCと同じように、Adobeの最新のプログラミングプラットフォームを利用して作られているため、Windows/macOS版のデスクトップアプリケーション、iOSなどのモバイルアプリケーションなどの両方が用意されており、かつデスクトップでもモバイルでも同じ機能が提供される見通しだ。

Gallery: Project GeminiのiPad版画面 | 6 Photos

6


また、Adobeは6月に開発意向表明を行なったProject Rush(プロジェクトラッシュ、開発コードネーム)の正式バージョンをAdobe MAXで発表し、ブランド名をPremiere Rush CCとしたことを明らかにした。Premiere Rush CCは、プロ用のビデオ編集ツールであるPremiere Pro CCのお手軽版と位置づけられており、タイトル、トランジション、カラー、オーディオ、トランスフォームなどの編集ツールが用意されており、Premiere Pro CCの特徴であるプロも使うようなプリセットが多く用意されている。しかし、アプリケーションの使い勝手は、初心者でもわかりやすいように作られており、ビデオ編集に知識があまりないような一般消費者やYouTuberのような動画編集のプロではないが、動画コンテンツを扱うユーザー向けと位置づけられている。

Adobe
▲Project RushがPremiere Rush CCになって正式に提供開始
Adobe
▲Project RushはまずWindows/macOS版、iOS版が提供される

モバイルアプリはおまけ扱いから本格的フルバージョンへ
クリエイターにも本格的なマルチデバイス環境が実現へ

今回のAdobe MAXでの発表を見ると、Adobeのメッセージは非常に明確で「モバイルアプリはおまけから本格提供へ」ということだ。Photoshop CC for iPadのところで説明したように、従来のモバイル版Photoshop(Photoshop Mix、Photoshop Sketch、Photoshop Fix)は筆者のようなデザイナーではない素人が遊ぶツールとしては秀逸だったが、デザイナーやイラストレーターといったプロユーザーのニーズにはマッチしていなかった。しかし、フル機能となるPhotoshop CC for iPadが登場することで、その状況は大きく変わることになるだろう。プロのデザイナーやイラストレーターは、自宅や事務所などでは、Surface Studioのような大画面のペンデバイスで作業し、出先ではiPad ProとApple Pencilを利用して作業という使い方が当たり前になるだろう。

既にAdobeはこうしたデスクトップとモバイルで同機能を持つアプリとして、昨年リリースしたLightroom CC(Classicではないほう)、そして今年のAdobe MAXで発表されたPremiere Ruch CCといった製品を増やしつつある。今年のAdobe MAXでは開発以降表明だけだが、Project Geminiもそうしたアプリの1つで、今後Adobeのアプリは「マルチデバイス」が当たり前になる、それが今回のAdobe MAXでの最大のメッセージだと言えるだろう。

クリエイターも、今後はモバイルでも我慢する必要はない。電車の中ではスマートフォンを利用してPremiere Ruch CCでさっと動画を編集し、カフェではiPad ProとApple Pencilを出してPSDファイルでイラストを描き、そして自宅や事務所に帰ってきたらSurface StudioとSurface Penを利用して仕上げる、そんな「未来」が当たり前になるまでもうすぐだ。

関連キーワード: adobe, ipad, IpadPro, photoshop
2707シェア
952
1463
0
292

Sponsored Contents