Sponsored Contents

Internetの最新記事

Image credit:
Save

音楽再生ソフト「Winamp」ストリーミング対応して2019年カムバック。多彩な音楽ソース統合する再生環境に

ラマにケツパットを

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年10月16日, 午後12:00 in Internet
997シェア
0
904
0
93

連載

注目記事

iPod登場前のインターネット普及期に、コンパクトかつ扱いやすいMP3音楽プレーヤーソフトとして人気を誇ったWinampが、2019年に音楽ストリーミング対応など大幅なリニューアルを遂げて帰ってきます。

TechCrunchの報告によると、現在Winampの開発を行っているベルギーのインターネットラジオ配信企業Radionomyは、ポッドキャスト、プレイリスト、インターネットラジオ、クラウドなどを1つのプラットフォームに集約するまったくの新バージョンを開発中とのこと。

Winampといえば、かつては音楽CDをPCに取り込んで構築したライブラリーを聴くためのMP3再生ソフトとして人気を誇りました。しかし、美点だったメモリ消費の少なさを犠牲にして機能追加したうえプラグインの後方互換性がないバージョン3.xではユーザーの移行に失敗。さらに2.x系と3.x系を統合し機能追加したバージョン5.xでは旧バージョンで料金を支払った登録ユーザーからも再び料金を徴収するといった方針が、結果としてユーザー離れを招きました。

またiPod+iTunesの普及がWinampの必要性を低下させたほか、インターネットを通じた違法MP3の問題による印象の悪化などもあり、いつしかWinampは忘れ去られてゆきました。

しかし、実はWinampは今も現役のソフトウェアとして生きながらえており、TechCrunchは2013年以来のアップデートとなるバージョン5.8が10月18日にリリースされる予定と報じました。またスマートフォン向けにはAndroid版アプリがすでにリリースされており、iPhoneやiPadで動作するiOS版も開発が進められているとのこと。

winamp
2019年にリリースされるバージョン6について、RadionomyのCEO、Alexandre Saboundjian氏は「Winampの遺産を保持しつつ、包括的なリスニング体験」を提供すると語り、冒頭に記したように音楽ファイルだけでなくポッドキャストやプレイリスト、インターネットラジオ、クラウドなどをすべて単一の検索可能なプラットフォームに統合するアグリゲーターとして機能するようになると語りました。

それがどのようになるのか、特にSpotifyやApple Music、Pandoraなどのストリーミングサービスと如何にして統合するのかについて、Saboundjian氏は具体的な情報を出していません。各音楽ストリーミングサービスは、それぞれのエコシステムからユーザーを離れさせたいとは思わないはずであり、Winampにそのためのサポートをするとは考えにくいようにも思えます。

それだけに、もしWinampが本当にSaboundjian氏の言うような進化を遂げて登場するのであれば、音楽の種類や保管場所、サービスごとに異なるプレーヤーアプリを使いわけることを強いられ、フラストレーションを感じている音楽好きに大歓迎される可能性はありそうです。

ちなみに、この2019年にリリースされる新バージョンのWinampがまた「ラマのケツをしばく」かどうかは、そのときになってからのお楽しみ。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

997シェア
0
904
0
93

Sponsored Contents