Sponsored Contents

iotの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンク、家電製品をIoT化する「Tuya Smart」を国内展開

+StyleからはTuya Smartを活用したスマート家電3製品が登場

田沢梓門, @samebbq
2018年10月16日, 午後02:30 in iot
45シェア
0
45
0
0

ソフトバンク コマース&サービス(以降ソフトバンク C&S)は10月16日、Tuya Global Inc.とのパートナー契約に関する記者発表会を開催した。

Tuya Smartは、様々な家電製品をIoT化する総合サービス。製品のIoT化に必要なウェブツールやモジュール、クラウド、アプリなどをワンストップで提供することを特徴とする。これにより、一般のメーカーが8〜12カ月かかるIoT製品化のプロセスが、Tuya Smartを導入することで3〜6カ月で開発できるとしており、最短15日で製品化した実例もあるという。

(見出し写真は左からTuya Global Inc.ヴァイスプレジデントMeng da Zhao氏、ソフトバンク C&Sコンシューマ事業本部長瀧進太郎氏、+Style取締役社長近藤 正充氏)

Engadget
はじめにソフトバンクC&S コンシューマ事業本部長の瀧進太郎氏が登壇。2018年にスマートスピーカーを所有予定のユーザーが16%という、スマートスピーカーの普及率を例に、日本のIoT普及はあまりにも遅れているという現状を説明。

普及が進まない理由として、エンドーユーザーは利便性や使い方に対して不安を抱えており、メーカーは市場規模や製品化に際しての工数に対して課題があることからIoT製品の販売数が伸びず、製品が生まれにくいという状態になっていると分析した。

さまざまな家電をIoT化するソリューション「Tuya Smart」国内展開

ソフトバンクC&Sではこういった課題を解決し、日本の家庭をより豊かで便利にすために、Tuya Global Inc.とパートナー契約を締結し、さまざまな家電製品をIoT化するソリューション「Tuya Smart」の国内提供を開始すると発表した。

Engadget
Tuya SmartはGoogleHomeやAmazon Echoなど各社のスマートスピーカーに対応しており、統合アプリで全プロダクトを一元管理できる。「照明が自動で点き、カーテンが開く」といった動作をする起床モードなど、シーンに合わせて各製品のコントロールも可能だ。2014年にTuyaを設立してから現在に至るまで、Tuya Smartを採用したIoT製品の出荷製品数はすでに2000万個を超えているという。

ソフトバンク C&SはTuya Smartを通して、自社にIoT分野でのリソースがない日本のメーカーのIoT製品開発をサポートしていくという。

Engadget
Tuya Global Inc.にて戦略と投資を担当しているヴァイスプレジデントのMeng da Zhao氏はTuyaについて、
「オープンプラットフォームを実現するIoTソリューション」と説明。日本市場において強い影響力を持つソフトバンクとのパートナーシップによって、スマートデバイスの市場規模を大きくできるとの見解を述べた。

Engadget
Tuya Smartを活用した先行事例として、ソフトバンクのIoT製品販売プラットフォーム「+Style」から、オリジナルのスマート家電3製品「スマートロボット掃除機」「スマートアロマミストポッド」「スマート加湿器」を発表。本日から+StyleとAmazon、Yahoo JAPANショッピングにて予約を開始した。さらに、今年中にはスマート家電を15製品以上発売すると発表した。

Engadget
▲「+Style スマートロボット掃除機」は、同梱の水タンクユニットに交換することで水拭きもできる一台二役のロボットクリーナー。価格は1万8800円。


Engadget
▲「+Style スマート加湿器」は乾燥を防ぐ大容量3L、声とアプリで操作可能。価格は5800円。

Engadget
▲「+Style スマートアロマミストポッド」は、超音波で水をミスト化させてアロマを楽しめる。カラフルなLEDライトが搭載されており、1677万色に光るという。価格は4500円。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Softbank
関連キーワード: household, iot, softbank, TuyaSmart
45シェア
0
45
0
0

Sponsored Contents