Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ、下り最大1Gbps超えのモバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」発表。2019年春発売

下手な光回線より快適そう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月17日, 午後05:50 in mobile
177シェア
33
91
0
53

連載

注目記事


NTTドコモが2018-19年冬春モデルとして、HUAWEI製モバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」を発表しました。2019年春に発売予定、機種代金の一括価格は2万5920円(税込)、月々サポート適用後の実質価格は0円となる見込みです。

HW-01Lはドコモとしては初めて、5つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、受信時最大1288Mbpsを実現します(東名阪エリアの一部地域のみ。他の地域では最大1038Mbps)。
また、送信時も最大131.3Mbpsと高速化し、写真や動画のアップロードが快適に行えるとしています(東名阪エリアの一部地域のみ。他の地域では最大112.5Mbps)。

Wi-Fi側は802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)に対応。同時接続台数は17台(WiFi 16台、USB 1台)となっています。バッテリー容量は3000mAhで、接続端子はUSB Type-C。

WPSを使い、現在利用中のWiFiルーターからSSIDやパスワードなどの設定を引き継げる「WiFi設定お引越し機能」に対応するほか、スマートフォンやタブレットからは、専用アプリ「Huawei HiLink」でQRコードを読み取るだけで、接続設定が完了するとのことです。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: docomo
関連キーワード: docomo, huawei, hw-01l, mobile, WifiRouter
177シェア
33
91
0
53

Sponsored Contents