Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

どこまでよくなったのか?「iPhone XS Max」「iPhone X」カメラ対決

劇的に良くなった部分と、そこまで変わってない部分

Hirotaka Totsu
2018年10月20日, 午後12:30
77シェア
9
68
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
iPhone XS、iPhone XS Maxの発売からおよそ一ヶ月が経ちました。レビューのために作例撮影や、日常での撮影など、様々なシーンで利用してみた感想や、iPhone Xとの撮り比べなどの印象をまとめてみたいと思います。

iPhone XS

今回レビューで使用したのはiOS 12のiPhone XS(およびiPhone XS Max)と、iOS 11.4.1のiPhone Xです。

iPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

望遠側のレンズの焦点距離は、35mm判換算で52mm相当とiPhone XもXSも変わりありません。しかし、標準レンズは、iPhone Xの28mm相当からXSでは26mm相当へと広角になっています。わずか2mmの差ですが、広角域ではその2mmの差が大きく出てきます。

iPhone X
※iPhone Xで撮影

こちらは、同じ場所から(壁に背をつけた状態で)撮影したもので、上がiPhone XS Max、下がiPhone Xでの撮影です。手持ちでの撮影なので厳密な判定はできませんが、ぱっと見の感じでもiPhone XS Maxの方が広く写っているかと思います。(クジラのしっぽの空間など)

iPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

ワイドになった分、寄りたい場合には自分で一歩前に出る、腕を伸ばすなどが必要になりますが、ワイド端で撮りたい場合は、後ろが壁、崖、人通りが多いなど一歩下がるということができない場合もあります。そういう意味ではよりワイドになったのはメリットと言えるかもしれません。寄れない場合はトリミングできますが、引けない場合はそれ以上どうしようもないということです。

iPhone XSiPhone X
※iPhone XS MaxとiPhone Xの比較

iPhone XS / iPhone XS Maxでよくなった点の一つが、A12 Bionicチップ 、Neural Engineによる画像処理です。一見して分かる通り、iPhone XSで撮った写真は、光る看板の文字が判読できるレベルです。

iPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

iPhone XS / iPhone XS Maxでは、iPhone Xで潰れてしまっている店舗入り口の照明部分のディテールが感じ取れるほか、照明が白とびしている部分もしっかり映っています。

iPhone X
※iPhone Xで撮影

iPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

iPhone XS / iPhone XS Maxでは、ダイナミックレンジが広くなった印象。iPhone Xではなんとか暗い場所を明るくしようと頑張った結果、ノイジーな画になってしまう傾向が見られました。Neural Engineによる画像処理が効く分、アンダーめにしても暗部がしまって見えるのだと思います。

iPhone X
※iPhone Xで撮影

iPhone Xでは、無理に持ち上げた暗部がいわゆる「油絵的なノイズ」になってしまい、拡大すると気になります。

iPhone XSiPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

iPhone XS / iPhone XS Maxでは、インカメラのポートレートモードでも深度調整が可能です。また、インカメラにもNeural Engineによる画像処理の影響か、肌の描写が自然で美しくなっています。

iPhone X
※iPhone Xで撮影

こちらはiPhone X。悪くないのですが、比べるとiPhone XS / iPhone XS Maxの方が良い感じがします。

iPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

それほど暗くはないのお店(室内)での食べ物の作例です。上がiPhone XS Maxによるものですが、iPhone X(下)と比べてシャープに見えます。ただ、色温度は高めな印象。

iPhone X
※iPhone Xで撮影

もっと暗い場所ではiPhone XSの威力が発揮されたかもしれませんが、この程度の明るさではXの自然な色合いの方が美味しそうに見えます。

iPhone XS
※iPhone XS Maxで撮影

スマートHDRや深度調整など、A12 Bionicチップ 、Neural Engineによる効果が発揮されるシーンではiPhone XSが圧倒的な印象でしたが、iPhone Xもまだまだ現役なのではないでしょうか。撮影した写真をその場でiPhoneで見た場合と、のちにPCで開いた場合とでも印象は異なりました。iPhone XSではディスプレイの性能というか見え方がよくなっていますので、ディスプレイの影響が大きいと思います。

iPhone Xを持っている人は積極的にiPhone XS / iPhone XS Maxに買い替えるまではないかなとも思いますが、より大画面で使いたい人、iPhone 7 Plus以前を使用している人、カメラ性能を求める人であれば検討に値しそうです。

Gallery: iPhone XS / XS Maxによる実写ギャラリー | 34 Photos

34

Gallery: iPhone Xによる実写ギャラリー | 42 Photos

42
モデル:溝手 真喜子




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

77シェア
9
68
0

Sponsored Contents