Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

ミッキーマウスデザインのGoogle Home Miniスタンド、米Googleストアで販売中

アンパンマン……にするには色が合わない

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月21日, 午後05:05 in gadgetry
62シェア
0
62
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

米Googleストアで、ミッキーマウスデザインのGoogle Home Miniスタンドが販売されています。価格は19.95ドル(約2200円)。残念ながら現行執筆時点では、日本のGoogleストアでは販売しておらず、日本への発送にも非対応です。

Google Home Miniはファブリック素材を使用しており、単体でもそれなりに見栄えはしますが、子供が使うには少し退屈な外観かもしれません。一方で、ライバルとなるAmazonのEcho Dotにはカラフルなシリコンケースを被せたKids Editionも販売されています(日本では未発売)。

また、LINEのスマートスピーカー、Clova Friendsもブラウンやサリーのほか、ドラえもんやミニオンなどのキャラクターバージョンもありました。


これらに対抗したわけではないのでしょうが、ミッキーマウススタンドはとても子供受けしそうな雰囲気です。もちろん、ディズニー好きな人にも刺さると思います。

なおこの製品、ハード的な機能は特になく、純粋にただのケースです。またミッキーマウスっぽくするには、Google Home Miniのカラーは黒っぽいチャコールを使う必要があります。

なお、このケースはGoogle製ではなく、日本でもスマートフォンケースを販売しているOtterBox製。米Googleストアのほか、米国のOtterBox公式サイトでも販売していますが、日本からは購入できません(すぐにアジアサイトにリダイレクトされます)。

ディスニーとのライセンス契約の問題があるのかもしれませんが、日本でもぜひ販売して欲しいところです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

62シェア
0
62
0
0

Sponsored Contents