Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

「ショートカット」で作成したボタンをウィジェットで操作しよう:iPhone Tips

洗濯タイマーの作り方

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年10月22日, 午前07:00 in iphone tips
277シェア
51
59
0
167

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

iOS 12で使えるようになった「Siriショートカット」機能。App Storeからインストールできる「ショートカット」アプリを活用することで、複雑な操作をワンタップで実行できるショートカットアイコンが作成できます。

本記事ではその機能の使い方を解説しましょう。例として、洗濯が終わるタイミングをリマインドしてくれるタイマーを作成し、それをウィジェットに表示する手順をご紹介します。

Gallery: ショートカットをウィジェットに表示する手順 | 7 Photos

7

「洗濯タイマー」のショートカットを追加する

まずは表示させるショートカットを作成していきます。App Storeで「ショートカット」アプリをインストールしておき、これを起動。「ギャラリー」をタップします。

iPhone Tips
▲アプリを起動し(左)、「ギャラリー」をタップ(右)

ウィジェット表示と相性がよいレシピを「ウィジェットショートカット」から探していきます。

iPhone Tips
▲「ウィジェットショートカット」をタップ(左)。「洗濯タイマー」を選択(右)

ここでは、「洗濯タイマー」を選び、ショートカットとして取得します。

iPhone Tips
▲「ショートカットを取得」をタップ(左)。ライブラリに追加されたのを確認し、「ライブラリ」を選びましょう(右)

機能をカスタマイズする

続いて、洗濯タイマーの細部をカスタマイズします。ライブラリ画面から「洗濯タイマー」のボタンの右上にある「...」をタップ。カスタマイズの内容は主に2点で、「デフォルトの回答」を記入しておき、「リマインダー」へのアクセスを許可しておけばOKです。

iPhone Tips
▲「...」をタップ(左)。「デフォルトの回答」にタイマーとして使用頻度の高い時間を記入し、「アクセス許可」>「OK」をタップ。最後に「完了」を(右)

これでショートカットの作成は完了です。

ウィジェットに表示させる

最後に、ショートカットをウィジェットに表示させます。ホーム画面を左から右へスワイプし、ウィジェット画面を表示。下部までスクロールして「編集」をタップします。ウィジェットに表示できる機能の一覧から「ショートカット」を選択して追加しましょう。

iPhone Tips
▲「編集」を選び(左)、「ショートカット」の「+」をタップ(右)

iPhone Tips
▲「完了」をタップ(左)。「洗濯タイマー」のボタンを含むショートカットが表示された(右)

このボタンをタップすると機能が実行されます。「洗濯タイマー」から、「表示を増やす」をタップすると、テンキーが表示されるので、必要に応じて数値を調整して、実行しましょう。

iPhone Tips▲数字を確認して「OK」をタップ(左)。時間がくるとリマインダーの通知が表示されました(右)

ちなみに、「洗濯タイマー」は時計のタイマーではなく、「リマインダー」のタスクとして登録されますので、不要になったらリマインダーから消去するのを忘れずに。

関連キーワード: app, apps, ios12, iphone, iphone tips, Reminder, shortcut, tips, widget
277シェア
51
59
0
167

Sponsored Contents