Sponsored Contents

Camerasの最新記事

Image credit:
Save

NY市警が装着していたボディカメラが突然出火。警官は無傷も同型の2990台を使用中止

原因は調査中

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年10月22日, 午後01:00 in Cameras
69シェア
5
64
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
ニューヨーク市警が、警官2990人が装着していたボディカメラをいったん「使用中止にすると発表しました。理由はスタテン島付近で一部の製品から出火する事例が出たため。出火したカメラを装着していた警官に怪我はありません。

火が出たのはVievu LE-5カメラで、警官が装着していた最中に発煙し始め、服から外れて落ちた後炎に包まれたとのこと。NY市警は「同じ製品全体に欠陥が含まれる可能性がある」としてただちにLE-5型カメラ2990台の使用を中止する通達を出しました。一方、同じメーカーのLE-4を含むその他1万5500台のボディカメラについては影響なしとし、これまでどおり使用を継続しています。

Vievuの親会社Axonの広報は、状況把握と対応のためNY市警と協力しており「警官は負傷していないものの、装着者の安全はAxonにとって最重要事項です。この問題を迅速そして安全に解決するために必要なことは何でもします」と語りました。

なお、NY市警は製品全体に欠陥が含まれる場合を考慮してLE-5を使用中止にしたものの、原因はまだわかっておらず、このカメラが内蔵するリチウムイオンバッテリーが何らかの理由で損傷した、偶発的な問題の可能性も考えられます。一方で、バッテリーとはまた違う問題の可能性もあり、原因が特定されるまでは排除できないでしょう。

原因がどうであれ、身につけたものが火を噴くようでは安心して仕事ができません。NY市警は2019年までにボディカメラ導入プログラムを完了する計画でしたが、場合によっては計画に少々遅れが出るかもしれません。

ちなみに、警官らが装着するボディカメラには日常業務の記録のほかに犯罪者摘発の際の過剰な暴行を減らしたり、勤務態度を向上させる効果もあるとされます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

69シェア
5
64
0

Sponsored Contents