Sponsored Contents

iphone xrの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XRとPixel 3でカメラのガチンコ対決!XSとの比較も(西田宗千佳)

XRはお買い得かつ高品質かも

西田宗千佳
2018年10月23日, 午後07:00 in iphone xr
308シェア
93
108
0
107

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
今年のiPhoneは悩ましい、と思っている人は手を上げて。実際、筆者もこの仕事をしていなかったら、相当に迷ったと思う。iPhone XSシリーズも良さそうだが、さすがに価格を見たら即決は難しい。「10月発売のiPhone XRの様子を見てから決めたい」と思っていた人も多いのではないだろうか。

そんな方のために、iPhone XRのレビューをお届けする。

ちょうどなのか、あえてなのか、直接のライバルにあたる、Googleの「Pixel 3」シリーズの実機も手元にある。特にカメラについては、iPhone XRと非常に特性が似通っている。そこで、特にカメラ機能については、Pixel 3も含めて比較しつつ、「iPhone XRの実力」を確かめてみた。

なお、今回もポートレートモードが重要なので、iPhone XSのレビューに続き、モデルとしてCaoさんにご協力をお願いしている。

iphonexr

iphonexr
▲iPhone XR。試用したモデルのカラーはホワイトだ

速度はXSと同じ、3D Touchはなくなったが......

アップルの公式サイトで見ればおわかりのように、iPhone XSとiPhone XRのスペックは非常に似通っている。SoCも同じ「A12 Bionic」だ。一応念のため、ベンチマークソフト「Geek Bench 4」で確かめてみたが、確かにほぼ同じSoCが使われているようだった。

ベンチマークの数値自体はiPhone XRの方が早いが、iPhone XSは日常的に使っている端末をそのまま使ったので、環境がまったく同じではない。そのことを考慮すれば、「ベンチマーク測定の誤差」の範疇、と言っていいだろう。SoCの世代や仕様が違うなら、もっとはっきりとした差になって出てくるし、iPhone XSの方が上になるはずだ。

iphonexriphonexr
▲「Geek bench 4」の結果(左がiPhone XR、右がiPhone XS)。どちらも値は大差なく、同じSoCと思われる。ただしメインメモリーの量は、iPhone XRが3GBで、iPhone XSが4GBと違う

メインメモリー容量は、iPhone XSが4GBと思われるのに対し、iPhone XRは3GB。ここで差が生まれているが、iOSはAndroidに比べ、メモリー量が少なくても快適に動く傾向にあり、3GBと4GBの差は、少なくとも現状、動作速度や快適さについて、大きな差を生み出すものではない。そもそも、iPhone Xのメインメモリー量ですら「3GB」である。

通信仕様についても、iPhone XSは「ギガビット級LTE」とされているものの、3日間の実使用状況では、iPhone XRとiPhone XSの間で、通信の快適さについて、大きな差を感じることはなかった。「iPhone XSの方が上で、そちらが望ましのは事実だが、iPhone XRでも実用上問題はない」と言って差し支えない。

iPhone XSから省かれているものとして、「3D Touch」の有無がある。アイコンなどを押し込むことによって操作するものだが、正直、使っている人は少なく、影響も限定的だろう。

 Tipsの類いになるが、3D Touchは文字のカーソル移動にも使われている。「キーボードの文字を押し込む」ことでキーボード部分がタッチパッドのようになり、文字入力用のカーソル移動が楽になる......という機能があるのだ。

知っている人にとっては「これなしにはいられない」という便利なものなのだが、イマイチ知名度が低い。3D Touchがなくなるとこれが使えなくなるのでは......と危惧したのだが、実は、スペースキー(フリック入力では「空白」)を「長押し」すると、同じ機能が呼び出せる。なので、iPhone XRで3D Touchがなくなっても、若干戸惑いはあるが、そんなに困らないのだ。

iphonexr
▲文字入力時のカーソル移動には「空白」を長押し。3D Touchのあるモデルでは「どのキーでもいいので押し込み」だったのだが、iPhone XRには3D Touchがないので「空白を長押し」となっている

液晶だが見劣りしない画質、問題は「サイズ」か

次に大きな違いは「画面」だ。iPhone XRは液晶、iPhone XSはOLEDが採用されており、まあやっぱり、iPhone XSの方が、コントラストも色のキレもいい。ちなみにiPhone XSシリーズの画素密度は「458ppi」で、iPhone XRは「326ppi」だ。

iphonexr
▲左から、iPhone XS・iPhone XR・iPhone XS Max。ボディサイズも違うが、発色も多少異なる。iPhone XS系の方が精細感があり、動きもキビキビしている印象だ

スペック比較的に言うとiPhone XRの負け、なのだが、実際に見ていると、「まあ、これでもそんなに問題はないな」と思えるのが本音。326ppiというのはiPhone 8と同じであり、そもそも解像度が低いわけではない。HDR対応の映画を見て確認すると、やっぱりXSは圧倒的に美しいと思う。だが、iPhone XRも一般的なスマホの水準で見れば、十分高画質である。

違いはむしろ、画質よりも「サイズ」面に現れている。液晶はOLEDに比べ、額縁を細くするのが難しい。だから、iPhone XSとiPhone XRとを比べると、iPhone XRはどうしても「太く」見える。また、バックライトなどのバーツが必要であるため、同じサイズであるならば、OLEDと液晶では液晶の方が重くなるし分厚くなる。そのため、iPhone XRは比較的大柄だ。

iphonexr
▲左がiPhone XR、右がiPhone XS。iPhone XRの方が額縁が太くなっている

 ディスプレイが大型化されていることもあるが、iPhone XRはiPhone XSに比べ重量で17g、厚みで0.6mm増えている。「並べれば三兄弟」的なサイズなのだが、同じ液晶モデルであったiPhone 8に比べるとさらに大きくなっていて、「iPhone XSの方が握りやすい」と感じる人はいそうだ。

iphonexr
▲本体サイズを裏から確認。横幅はiPhone XSが一番小さくなっており、「片手での握りやすさ」ではiPhone XRよりiPhone XSの方が上だ

カメラの良さはXS譲り、ポートレートモードではGoogleとの間で「利点」「欠点」が混在

最も違いが集まっているのがカメラである。iPhone XSはデュアルカメラであり、iPhone XRはシングルカメラだ。

iphonexr
▲iPhone XRのカメラ部。使われているセンサーとレンズは、iPhone XSの広角側とまったく同じになっている

 シングルカメラで、簡単に「見た目の印象に近い写真が撮れる」カメラを備えたスマホは他にもある。それがGoogleのPixel 3シリーズだ。しかも、Pixel 3では、iPhone XRと同じように、「シングルカメラでボケ味のある写真を撮る」機能を備えている。価格帯も「9万円台」とかなり近い。まさにライバル的な存在だ。

こちらも手元に実機があるので、カメラの画質を比べてみよう。このあたりは、気になっている人も多いはず。

率直にいえば、iPhone XSもiPhone XRも、Pixel 3も良好だ。発色はPixel 3の方が若干色温度が高く、明るい印象。iPhone系は暖色系かつ色強めの印象だ。だが、どちらも良く写っており、色味は後からでも好みで変えられるレベルである。このレベルの写真を、「単にスマホを構えてシャッターを切るだけ」で撮れるのはすばらしいことだ。

Iphonexr※iPhone XR

Iphonexr※iPhone XS

Iphonexr※Pixel 3
▲銅像のある風景。iPhone XSとiPhone XRはほぼ傾向が同じだが、Pixel 3は多少色が淡い

Iphonexr※iPhone XR

Iphonexr※iPhone XS

Iphonexr※Pixel 3
▲横浜の日没直後。iPhone XRとiPhone XSは暖色系の強い色合い。やはりよく似ていて区別が付きにくい

ボケ味のある写真、いわゆる「ポートレートモード」の画質も良好だ。どの機種も、輪郭や奥行きの判定は完璧ではない。

とはいえ、以前に比べれば「書き割り感」は薄れているし、ボケ味の調整もできる。特に、シングルカメラであるiPhone XRとPixel 3については、「これがシングルカメラで撮れるのか」と、ちょっと驚いてしまうほどだ。

Iphonexr※iPhone XR

Iphonexr※iPhone XS

Iphonexr※Pixel 3
▲背景にボケ味をつけた「ポートレートモード」の写真。どれもかなり自然だ。だが、背景の東京タワーに目をやると、撮影時の画角がけっこう違うのがわかってくる。

Iphonexr※iPhone XR

Iphonexr※iPhone XS

Iphonexr※Pixel 3
▲インカメラによるセルフィーでの「ポートレートモード」。iPhone XSとiPhone XRはカメラが同じなのでほぼ変わらず。インカメラでの「ボケ」の自然さでは、Pixel 3はiPhone系に劣る印象だ

とはいうものの、iPhone XRのアウトカメラによるポートレートモードには制約もある。完全に「人物専用」なのだ。人がフレームの中に入ってくるまでは「ボケ味」が一切出ない。

iphonexr
▲iPhone XRのアウトカメラによるポートレートモードは「人物専用」。そのため、人の姿がフレーム内に検出されないと「ボケ」ない

それに対し、デュアルカメラのiPhone XSは、人物以外もボケ味のある写真が撮れる。そして、シングルカメラではあるが、Pixel 3も同様に人以外もOKだ。輪郭や奥行きの判定精度では、iPhone XSが一番だと思う。だが、シングルカメラでやっていると思うと、Pixel 3もなかなかがんばっている、と筆者は感じた。ここでは、iPhone XRは一歩遅れている。ただ、人の輪郭判定の自然さでいえば、XS>XR>Pixel 3という印象。特にセルフィー(インカメラ)側では、iPhone系の方がかなり自然だ。

iPhone XSとiPhone XR、そしてPixel 3の違いがもう1点ある。「ズーム」だ。iPhone XSは望遠と広角のレンズがあり、「光学2倍ズーム(切替式)」になっている。iPhone XRとPixel 3はデジタルズームなのだが、今回のモデルでもiPhoneは、デジタルズームの画質がイマイチだ。Pixel 3はデジタルズームの画質でもがんばっていて、アップルが後塵を拝している部分だと感じる。

密かにお買い得な「128GBモデル」の存在、結局は「カラバリ」「デザイン」が最大の魅力

さて、そろそろ結論だ。

機能面でいって、iPhone XRはよくできた製品だと思う。iPhone XSと違う部分は多々あれど、正直、価格差を考えると「iPhone XRでもいい」と思う部分が多い。ディスプレイの差とズームの有無は悩ましいが、SoCの性能は同じだし、なにより、今年のiPhoneのキモである「マシンラーニング性能」と、それを元にした「カメラの写りの良さ」は魅力だ。

価格施策面で特に注目なのが「ストレージ容量」だ。iPhone XSは64GB・256GB・512GBという展開だが、iPhone XRは64GB・「128GB」・256GBになっている。64GBでは心許ないが256GBでは多すぎる・高すぎるという人にうまくアピールしている。正直、ちょっとずるい。

しかもカラー展開がうまく、デザインもいい。これは、iPhoneとして売れない要素がないのではないか、と感じる。はっきり「おすすめ」と言える。

ただ、Androidにまで目を移すなら、ライバルは手強い。Pixel 3は評判通り良い端末だ。iPhone XRよりソフト面で優れた部分があるのは間違いない。

iPhoneでの買い換え・購入を選ぶなら、iPhone XRは間違いではない選択肢だ。高画質なディスプレイとズームが必要ならiPhone XSがいい。一方で、Androidにまで目を移せるならば、Pixel 3などのライバルも、非常に競争力のある状態になっている。

ある意味、今回iPhone XRで「カラバリ」を強化したことが、iPhone XRを選ぶ最大の価値になっているのかもしれない。これだけ仕上げが良く、しかもカラバリの豊富なスマホは、現在の市場には、他になかなかないからだ。

iphonexr
▲9月のiPhone発表会での写真より。やはり、これだけのカラバリのものをざっと「並べられる」ことが、iPhone XRの最大の魅力だ

308シェア
93
108
0
107

Sponsored Contents