Sponsored Contents

iphone xrの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XRは長く使えそう XSより優れていると感じる部分も(井上晃)

XSより画面大きいのでエンタメ用途には向いていますね

井上晃(AKIRA INOUE)
2018年10月23日, 午後10:30 in iphone xr
300シェア
95
60
0
145

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

10月26日に発売を迎えるiPhone XR──。発売前に実機を手にする機会を得ましたので、数日間使用してみた印象を交えつつレポートします。

画面が大きいのでエンタメ用途にぴったり

iPhone XRの画面サイズは6.1インチ。液晶を用いたLiquid Retina HDディスプレイを採用しています。バックライトが必要な液晶ディスプレイを使いながらも、Xシリーズ特有のノッチを備え、ディスプレイの四隅は筐体に合わせたカーブを描くなど、デザインの統一感を維持。iPhone XS以上に表示領域の広い端末に仕上がっています。



ちなみにiPhone XS/XS Maxと比べるとベゼルが若干太いです(中央がXR)。手に持った印象では、iPhone XSにカバーを付けた状態に近いですね。厚みもiPhone XSやXS Maxより0.6mmほど増しています。しかし、手に持った印象としては差はほとんど感じられませんでした(カメラの出っ張りを含めた場合、1mm近く差があるので、iPhone XRにケースを装着した際には厚みに差を感じるかもしれません)。



側面のフレーム部については、iPhone XS/XS Maxがステンレススチール製であったのに対し、こちらはアルミニウム製です。筆者が使用した端末は「ブラック」なので、あまり目立ちませんが、カラーごとに色を合わせたフレームになっています。触り心地はサラサラしていて気持ち良いのですが、冬場の乾燥した指だと滑りそうなので、カバーを装着して使うか、リングなどのアクセサリーを活用するのが良いでしょう。

搭載するチップセットは、iPhone XSやXS Maxと同じA12 Bionicです。3D描写の多いゲームアプリを高い解像度でプレイしても、画面がもたつくことはありません。また、ARコンテンツも快適に楽しめます。積み上げた仮想のブロックを崩していく「[q] - AR Blast」というアプリを試してみましたが、iPhone XSでプレイしたときとまったく同じように快適に楽しめました。



サウンドに関しては、ステレオスピーカーを搭載。端末を横向きに持って動画やゲームを楽しむ際に、臨場感が生まれます。スピーカー位置は通話口と底面の片方なのですが、左右の音量のバランスが整えられていることで、音の偏りが少なく感じられました。

ちなみに液晶ディスプレイゆえにバッテリー持ちが心配になるかもしれませんが、実はiPhone XSよりもスタミナがあります。仕様を確認すると、連続通話時間は最大25時間、ビデオ再生は最大16時間であり、iPhone XSよりもそれぞれ5時間、2時間ほど長く、丸1日安心して使用できそうです。

広角カメラのみでポートレート撮影が可能

iPhone XRのカメラは、XS/XS Maxに搭載されている広角カメラと同じです。スペック上の数値は1200万画素でf/1.8。最大5倍のデジタルズームが可能。動きのある被写体でもHDR撮影が可能な「スマートHDR」にも対応します。



ただし、望遠レンズが備わっていないため、ズーム時のUIはシングルカメラ仕様です。ズームを利用するには、一度画面をピンチアウトする必要があるので、どうしても両手操作が必要になります。既にデュアルカメラのiPhoneに慣れてしまっている人にとっては、不便に感じるかもしれませんね。

ポートレート モードの撮影については、広角カメラのままで行なわれます。撮影モードを「写真」から「ポートレート」に切り替えてもレンズが切り替わらないので、同じ画角で撮影可能。望遠カメラで撮影する場合よりも、1〜2歩前に踏み込んだ場所で撮影するとうまくポートレートモードとして認識します。


▲iPhone XRのカメラで「写真」モードと「ポートレート」モードを切り替えても画角が変わらない

デュアルカメラを搭載するiPhoneと異なるのは、人を認識して画像を処理することになるので、人以外の食べ物やモノに対して使用することができないこと。そして、ポートレートライティングで「ステージ照明/ステージ照明(モノ)」を選択できないことの2点です。

なお、26mm相当の広角カメラで撮影しているので、背景をより広く含んだ構図で撮影可能。iPhone XSやXS Maxのポートレートとは一味違う写り具合を楽しめますよ。


▲iPhone XRのポートレートで撮影した写真の「被写界深度」を調節してボケ味を確認

ポートレートで撮影した写真のボケ味をチェックしてみると、26mm広角レンズに合わせた写り方が再現されています。iPhone XSではボケを最大まで編集すると楕円形のボケが再現されていると話題でしたが、XRだと少し違いますね。ただ背景をぼかすだけでなく、こうしたリアリティを追求している点に、芸の細かさを感じました。

一方、TrueDepthカメラシステムは、iPhone XS/XS Maxと全く同じ構成。画角が同じのはもちろん、インカメラのポートレートでは「ステージ照明」を含めたポートレートライティングを利用できます。ちなみに「被写界深度」をf1.4に調整すると、下の作例のように肩より下がボケて、表情に視線が向かうような写真に仕上がりますので、お試しください。


▲インカメラでのポートレート撮影。ポートレートライティングは「ステージ照明(モノ)」を選択。ボケ味を強めたことで、首から下がボケている

さらに、生体認証のFace IDや、アニ文字などのXシリーズ特有の機能を利用可能。初めてXシリーズを試す人にとって、いろいろ楽しめる機種であることは間違いなさそうです。



iPhone XRは、Apple Payでの非接触式決済や、ワイヤレス充電も利用可能。IP67の防水防塵性能も備えます。3D Touchこそ非対応ですが、反応を返す長押し(Haptic Touch)で多くの機能をカバーするので、使い勝手の上で問題はないでしょう。

64GBモデルで一括税込9万円台と、決して安い機種ではありませんが、Xシリーズの機能をほぼ丸ごと備えるオールラウンダーです。A12 Bionicを搭載しているため、今後、普及すると想定されるAR関連の最新機能にも長期的に対応できるはず。長く使い続ける前提で購入を検討できるバランスのよい端末だと思います。

Gallery: iPhone XRを使ってみた | 9 Photos

9


300シェア
95
60
0
145

Sponsored Contents