Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

絶妙な「ほどよさ」iPhone XR 発売直前レビュー:週刊モバイル通信 石野純也

iPhone史上、最もロングセラーとなるか

石野純也 (Junya Ishino)
2018年10月23日, 午後09:00 in Apple
206シェア
24
86
0
96

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

iPhone XRが間もなく発売になります(10月26日)。これに先立って筆者は実機を試用することができました。ここでは、そのファーストインプレッションをお届けしていきたいと思います。

まず、目を奪われるのはカラーリングです。今回、お借りしたのはPRODUCT(RED)ですが、iPhone XRには、ほかにイエローやブルー、コーラルといったカラフルなバリエーションが取りそろえられています。

iPhone XS、XS Maxがステンレススチールを用い、シックにまとめ高級感を出しているのに対し、フレームがアルミのiPhone XRは色のバリエーションでポップさやカジュアルさを演出してきた印象があります。位置づけは異なりますが、5色展開だったiPhone 5cを思い出したのは筆者だけではないでしょう。

iPhone XR

iPhone XR
▲背面だけでなく、フレームまでレッドに染まっている。カラーリングはiPhone XS、XS Maxにはないカジュアルさ

特にイエローやコーラルといったカラーリングは、iPhoneだけでなくAndroidスマホまで含めても珍しい色合い。iPhone XRを買うのであれば、ぜひ選んでみたい色といえます。

ちなみに筆者もiPhone XRを購入することにしましたが、カラーはイエローを選択しました。もちろん、カジュアルといっても安っぽさはありません。背面はガラスですし、側面のアルミフレームも上質で高級感があります。

カジュアルさは価格にも表れています。iPhone XRは、アップル直販のSIMフリー版の64GBモデルが8万4800円。128GBで9万800円、256GBで10万1800円とリーズナブル。iPhone XSが64GB版で11万2800円、XS Maxが12万4800円ですから、最大容量の256GB版でも、この2機種の64GB版より安いことになります。iPhone XS、XS Maxにはなかった128GB版が用意されているところにも"ほどよさ"を感じます。

iPhone XR
▲8万4800円(税別)からと、新モデル3機種の中では価格も抑えめ

とはいえ、スペックが著しく劣るというわけではありません。iPhone XRもCPUはiPhone XS、XS Maxと同じA12 Bionic。ベンチマークのスコアも、それを証明しています。つまり、ゲームのようにGUPをフル活用したアプリや、ニューラルエンジンを活かした機械学習を組み込んだアプリもスムーズに動くということ。こうしたアプリの受け皿がほしい人にとっては、非常にコスパの高い端末といえるでしょう。筆者が今回、iPhone XRを選んだのも、それが理由です。同様に、セカンドSIMとしてeSIMも搭載されています。

iPhone XR iPhone XR
▲CPU、GPUともにGeekbench 4でのスコアはiPhone XS、XS Maxとほぼ同じ。ただし、メモリは3GBと1GB少ないようだ

もちろん、スペックがまったく同じで値段が安いというわけではありません。iPhone XRにはコストダウンの努力が見え隠れします。代表的なのが、ディスプレイの違い。iPhone XRには「Liquid Retina」と名づけられた液晶が採用されています。形こそ有機ELのiPhone XSやXS Maxに近い液晶ですが、やはりコントラスト比は低くなっています。

とはいえ表示品質は高く、アップルの有機ELのチューニングが液晶風になっているためもあって、ぱっと見そこまで違いは感じません。映像をじっくり比べるとコントラストの違いなどはわかりますが、最大でも6.5インチのディスプレイですから、液晶で十分と感じる人も少なくないでしょう。少々ベゼルが太くなっているのは残念なポイントですが、これもコストに直結していると思うとあきらめてもいいかなと思えます。

iPhone XR
▲有機ELを採用したiPhoneと比べるとベゼルはやや太め

また、指による圧力を検知する3D Touchも非搭載になり、代わりに「Haptic Touch」が搭載されています。これはロングタップに対し振動でフィードバックを返す仕組みで、文字入力時のカーソル移動はスペースを長押しすることで代替できます。通知の全消去も3D Touchからロングタップに変更になっています。

一方で、アイコンをロングタップしてもメニューは表示されず、アプリの移動や消去のモードに切り替わってしまいます。長押しと押し込む動作の両方に機能を割り当てていた場合、Haptic Touchだとどちらか一方しか実現できないとういわけです。押し込んでメールのURLの中身を表示したりといった操作もできなくなりました。

iPhone XR
▲スペースのロングタップでカーソルを移動できる

とはいえ、過去のiPhoneで3D Touchをどこまで使っていたかと考えると、正直Haptic Touchで十分な印象もあります。個人的には最もよく使っていた文字入力中のカーソル移動がHaptic Touchとして残っていますし、アイコンを長押ししてメニューを表示させる機能も普段はほとんど使っていなかったので。実際、こういったユーザーが多かったからこそ、Haptic Touchとして機能が絞り込まれたと考えることもできそうです。

この"ほどよさ"はカメラにも共通しています。iPhone XRは単眼ですが、機械学習で人物の背景をボカすことができます。ボケ具合もご覧のとおりで、デュアルカメラのiPhoneと比べてもそん色ないクオリティ。むしろ、ワイド側のカメラを使うぶん、暗い場所でもノイズが少なかったり、被写体から無理に離れなくてもよくなっていたりと、メリットも増えています。

iPhone XR
▲シングルカメラながら、背景にきれいなボケをつくることができた

iPhone XR
▲あとから編集で被写界深度を変えることができる

iPhone XR
▲機械学習を用いているため、人を検知できないとポートレートモードが機能しない

カメラを切り替えての2倍ズームはできなくなってしまいますが、ぶっちゃけ2倍程度であれば、デジタルズームでも十分。実際、過去にデュアルカメラを搭載してきたiPhoneも、暗いときなど条件によってはあえて望遠側のカメラを使わないケースがあり、ポートレートモードを多用しているのでなければ、そこまで頻繁に望遠側のカメラが使われていません。

もちろん、こうした機能があったほうがいいのは間違いないでしょう。ベストを追求するのであれば、それにこしたことはありません。ただ、人には予算という現実的な制約もあり、誰もがポンっと10万円を超えるiPhoneを買えるわけではありません。

翻って日本市場を見ると、auに続きソフトバンクも分離プランを導入しており、端末そのものの価格がより見えやすくなっています。分離プランでは端末ごとに額が異なる、いわゆる端末購入補助がつかないため、端末価格は毎月のランニングコストにも直結します。必要な機能だけを厳選しつつ、少しでも価格を安くしてほしいというユーザーは、今後徐々に増えていくでしょう。

iPhone XRは、こうしたユーザーの需要に応えやすい、機能と価格のバランスが絶妙な端末です。偶然だとは思いますが、分離プランが拡大する昨今の状況を狙ったかのようで、タイミングのよさに驚かされます。iPhone XS、XS Maxが登場したあともiPhone 8が売れ続けていますが、iPhone XRもそんなロングセラーモデルになりそうな予感がしています。

関連キーワード: apple, ios, iphone, iphone8, iphonexr, xr
206シェア
24
86
0
96

Sponsored Contents