Sponsored Contents

cloudfundingの最新記事

Image credit:
Save

浮遊しながら充電する月型ランプ、10月25日からKibidangoでプロジェクト開始

寝室用ライトとしてはちょっと高いなあ

田沢梓門, @samebbq
2018年10月24日, 午後05:50 in Cloudfunding
133シェア
16
117
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

香港のプロダクトブランド「Coocepts(クーセプツ)」が開発した浮遊式月型ランプ「Levimoon(レビムーン)」のプロジェクトがクラウドファンディングサイト「Kibidango」で10月25日から12月23日まで展開されます。

Engadget

「空に浮かぶ月を手元に置きたい」という思いから開発されたLevimoonは、ネオジム磁石を用いて浮遊しながらワイヤレス充電可能な月型ランプ。3D技術によってリアルな月面を再現しているとのことです。

ライトのカラーは暖かい黄、青白の2色で切り替え可能です。リチウムイオンバッテリーを採用し、点灯時間は10~100時間、充電時間は24時間。タッチセンサーで明るさを調整可能です。

価格は一般販売予定価格が3万5000円のところKibidango特別価格の2万9800円で販売。数量限定でさらに割引されたプランも用意しています。目標金額127万4448円達成で、日本上陸が決定するとのことです。

Levimoonは2017年3月に「Kickstarter」にて開始されたプロジェクトで、ファンディングに成功して既に製品化されています。日本での正式販売ということで、以前から気になっていた方はこのお得なタイミングで購入してみてはいかがでしょうか?




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Kibidango
関連キーワード: cloudfunding, LED, moon
133シェア
16
117
0

Sponsored Contents