Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

au、個人向け確定拠出年金に参入 スマホアプリに運用機能を集約

「auのiDeCo」10月24日サービス開始

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年10月24日, 午後01:45 in Au
46シェア
0
46
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

auを展開するKDDIは、個人向け確定拠出年金サービス「auのiDeCo」を10月24日より開始します。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、毎月決まった掛け金を投資信託や定期預金などで積み立て、60歳以降に年金または一時金で受け取る私的年金サービスです。

また、税制面での優遇もメリットで、積立期間中の掛け金が全額控除となるほか、運用期間中の運用利益(利息・売買益)が非課税。また、受取時も一定額までは非課税となります。

スマホアプリに管理機能を集約

「auのiDeCo」では、携帯キャリア事業を展開するKDDIらしく、スマホに運用機能を集約。申し込みから運用状況の確認、運用商品の見直しまで、年金管理に必要な機能をアプリ上で提供します。また、節税金額のシミュレーションや、毎月の掛金拠出額の状況、運用実績などもアプリで確認できます。運用手数料は永年0円で、投資初心者でも気軽に利用できるとアピールします。

engadget

取扱商品は、元本確保型の「三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金」のほか、投資信託商品として安定型・安定成長型(信託報酬年率0.2376%)・成長型・高成長型(信託報酬年率 0.8856%)の5つを揃えます。

また、ユーザーの投資信託の残高に応じて、WALLETポイントまたはWow! ユーザーポイントを付与。ポイント付与率はauユーザーとそれ以外で差別化し、auユーザーの場合は月間保有残高が100万円で、年間1000ポイントが永続的に還元されます。

申込みは、「auのiDeCo」アプリ(Android / iOS)から行うことが可能。申込み後、KDDIアセットマネジメントより加入手続きに必要な書類が発送され、必要事項を記載後、提出用書類を提出します。なお、手続きの完了までは、国民年金基金連合会の審査のため、1〜2か月程度かかるとしています。

KDDIの臼井朋貴氏(金融・コマース本部 副本部長)は「国策として貯蓄から投資への流れがあり、それを加速していきたい」と語り、また「公的年金に不安を感じている方も多い」とコメント。投資初心者でも不安なく簡単に始められるサービスとして、auのiDeCoを展開すると語りました。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: au, kddi
46シェア
0
46
0
0

Sponsored Contents