Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XRを歴代機とサイズ比較していたら、SEの全画面版が欲しくなった

26日発売

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年10月25日, 午前07:40 in Apple
120シェア
0
120
0
0

連載

注目記事



2018年10月26日、「iPhone XR」を発売します。これで2018年のiPhoneは全てのモデルが出揃うことになります。

ここでは「iPhone XR」のサイズを歴代iPhoneと比較しつつ、「iPhone XR」の実機に触れたからこそ気付けた細かい違いを3つ説明します。



この秋リリースされたのは「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種です。

まずはじめに、この3機種についてサイズを比較してみます。


▲左から順に「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone XS」

「iPhone XS Max」は史上最大の6.5インチ、「iPhone XR」は中間サイズの6.1インチ、「iPhone XS」は5.8インチです。

ちなみに「iPhone 8」や「iPhone SE」と比べると下のようになります。(iPhone SE小さい...)


▲左上から順にiPhone 8 Plus」、「iPhone 8」、「iPhone SE」「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone XS」

次に、左から順に「iPhone XS Max」「iPhone XR」「iPhone XS」で地図を表示してみました。



「iPhone XS Max」と「iPhone XR」の表示領域はほぼ同じで、一番小さな画面サイズの「iPhone XS」は表示領域が狭くなっています。

音質はどうでしょう。音楽再生を試したところ、「iPhone XS」と「iPhone XR」でそこまで大きな差はありませんでした。ただ、楽曲によっては「iPhone XS」と「iPhone XS Max」よりも「iPhone XR」の方がクリアで軽いサウンドに聞こえたりします。

厚みはどうでしょう。


上の写真は左が「iPhone XR」、右が「iPhone XS」です。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は7.7mmなのに対し、「iPhone XR」は他の2機種よりも厚い8.3mm。写真では差がわかりにくいですが、手で持つとはっきり差がわかります。

筆者が思う理想的な「iPhone XR」の姿とは

過去を振り返ると、小さな画面サイズと本体サイズの「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPhone SE」などが存在していました。片手で操作できたり、ズボンやシャツのポケットに入れたりと、小型スマホはそれなりのメリットもあります。

一方、最近では画面サイズや本体サイズが大型化し、片手操作が困難になったのも事実です。その理由の一つとして「YouTube」や「Netflix」などの映像コンテンツサービスが増えたことが考えられます。


▲左から「iPhone XR」と「iPhone SE」

多様なサイズのiPhoneを所有する筆者としては、「iPhone SE」のサイズ感に「iPhone X」のようなベゼルレス画面を搭載して、カラフルな本体色であれば、より魅力的なのになと、ふと思いました。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, iphone, iphonexr, mobile
120シェア
0
120
0
0

Sponsored Contents