Sponsored Contents

Internetの最新記事

Image credit:
Save

AI画像認識「Google Lens」がGoogle画像検索に統合。検索した画像内のオブジェクト認識し関連情報を紹介

ふと見た写真に写るものがすぐ買える...かも

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年10月25日, 午後08:00 in Internet
189シェア
0
69
0
120

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View
Googleが、写真内に写るものを認識しその情報を検索するAI機能「Google Lens」をGoogleモバイルアプリの画像検索に統合しました。記事執筆時点では米国内のみの対応ですが、将来的にはワールドワイドで展開していく予定です。

Google Lensは、写真や映像イメージ内にあるオブジェクトを認識し、それぞれに関する情報を検索表示することを可能とします。すでにAndroid/iOS版Googleアプリには導入されており、スマートフォンのカメラで撮影した写真からオブジェクト認識をすることが可能になっています。

Google

今回Googleは、新たにGoogle画像検索でGoogle Lensを利用可能としました。使い方は、まずGoogleモバイルアプリでGoogle検索を表示し、画像検索タブからなにか好きなキーワードを検索します。

たとえばリビングルームの画像を検索した場合は、検索結果の写真が表示されるので、その中で気に入ったひとつをタップします。
すると共有オプションのアイコンの左側に新しいGoogle Lensのアイコンが表示されているので、それをタップ。するとリビングルームの画像内の認識済みオブジェクトに白い点が割り振られるので、その中から調べたいものを選びタップします。

ここで、たとえばソファーをタップすれば、再び画面下にそのソファーとよく似た色や形状のものが検索され、一覧表示されるという具合です。

調べたいものは複数同時に(囲うようにフリック)選択することも可能。検索結果には主に購入可能な商品リストが表示されるようなので、まるでインターネット画像検索がそのまま通販カタログ化したような感覚になるかもしれません。しかし、写真の中から欲しいものをすぐに手に入れたい、という人にはかなり重宝しそうです。
google lens

Googleは、今後数か月以内にランドマークや動物、植物などさらに多くのオブジェクトを認識、情報を表示できるようになるとしています。商品でないものも認識するようになれば、通販カタログ感は薄れるであろうものの、いまよりさらに幅広い使い方が可能になって行くはずです。

冒頭にも記したとおり、この機能はまだ米国内限定で英語のみのサポートにとどまっています。しかし将来的には多くの国と言語をサポートする計画です。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
Source: Google
189シェア
0
69
0
120

Sponsored Contents