Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

データ満杯なiPhoneを、素早くスリムにする機能がある:iPhone Tips

「設定」アプリから操作できます

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年10月27日, 午前07:15 in iphone tips
234シェア
39
52
0
143

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
いざOSのアップデートやアプリの更新をしようと思ったときに、iPhoneのストレージがいっぱいになっていて更新ができないなんてことありますよね。使わないアプリや写真をコツコツ消しても良いのですが、「iPhoneストレージ」画面から効率よく不要なデータを削除する方法があります。

Gallery: iPhoneストレージから容量を確保する | 3 Photos

3

容量がいっぱいになるとアラートが表示される

iPhoneのストレージが残りわずかになっていくると、「設定」アプリを起動した画面で、ユーザー情報の真下にアラートが表示されます。まずは「iPhoneの空き容量が残りわずかです」と出るので、この段階で気づいたら、早めに対処しておきましょう。

さらに、iPhoneのストレージが一杯になってしまうと、アプリのインストールやOSのアップデートが行えなくなります。この状態まで来ると「iPhoneのストレージがいっぱいです」と表示されます。

また、実際にアプリをインストールしようとすると「~をインストールできません」といった画面が表示されますね。アプリの更新を行おうとした場合でも、こうした表示が現れるので注意が必要です。

iPhone Tips
▲ストレージ不足の際に設定画面に表示されるアラート(左)。同じくポップアップウィンドウで表示されるアラートの例(右)

「iPhoneストレージ」から無駄なデータを整理できる

根本的な解決にはなりませんが、その場しのぎとして必要なストレージを確保するなら「設定」アプリからストレージを確保する方法がおすすめです。

まず「設定」アプリを起動し、「一般」から「iPhoneストレージ」をタップします。ここの「おすすめ」欄にストレージを確保するためのメニューが表示されますので、用途に応じて活用しましょう。

例えば「非使用のアプリを取り除く」という項目を使用すれば、使用頻度の少ないアプリが無駄に占有しているストレージを有効に活用できます。

また、「iCloud写真」をオンにすると、全ての写真とビデオがiCloud上に保存されます。クラウド上には本データが保存され、端末には圧縮したデータが残るので、端末のストレージを節約できるという仕組みです。

ただし、アップロードに時間がかかるので、こちらの操作はスケジュールに余裕がある際に行いましょう。

iPhone Tips▲iCloudのストレージを活用できる場合には、「iCloud写真」の「使用」をタップし(左)、「iCloud写真を有効にする」を選択(右)

ビデオを撮り溜めている場合には、「自分のビデオを再検討」という項目が表示されることがあります。これをタップすると、不要な動画を選択して一斉に削除する操作が行えます。

iPhone Tips
▲撮影動画を削除するには、「自分のビデオを再検討」をタップし(左)、「このiPhoneから削除」を選びます(右)

まだ買い替えをせずに、今の端末にもう少し頑張ってもらおうという皆さん。今後ストレージが満杯になった際には、これらの機能を活用してみてくださいね。

ただし、あくまでその場しのぎでもあるので、外部ストレージやiTunesへのバックアップしたり、iCloudのプランをアップグレードしたりするなどの対策を忘れずに。

関連キーワード: icloud, ios, ios12, iphone, iphone tips, storage, tips
234シェア
39
52
0
143

Sponsored Contents