Sponsored Contents

headphonesの最新記事

Image credit:
Save

無線イヤホンでは貴重なaptX LL対応。動画でも音ズレの少ないUSB兼用モデルがデノンから

実売価格は2万5000円前後

PR TIMES
2018年10月27日, 午後01:30 in headphones
19シェア
0
19
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

デノンは、インイヤー・ヘッドホン「AH-C820」に採用され、低音再生の常識を覆した特許取得の新方式ドライバー「ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー」を搭載したネックバンド型ワイヤレス・インイヤー・ヘッドホン「AH-C820W」を2018年12月中旬に発売いたします。

品名 :ワイヤレス・インイヤー・ヘッドホン
品番 : AH-C820W
カラー:ブラック
希望小売価格: オープン価格
JANコード : 49-51035-06709-3(AHC820WEM)
発売時期 : 2018年12月中旬
製品ページ : https://www.denon.jp/jp/product/headphones/classicinear/ahc820w

ドライバーの仕様は有線タイプのAH-C820と同様で、11.5mmのダイナミック型ドライバーを向かい合わせに配置。シングルドライバーに比べて2倍となる振動板面積により、圧倒的な量感と超低域までのクリアネスを実現しています。

ハウジングには、振動板の振幅によって発生するハウジング内の圧力をハウジングに設けた通気孔によってコントロールすることにより、周波数特性を最適化し、同時に開放的なサウンドに仕上げるアコースティック・オプティマイザーを搭載。
AH-C820Wではハウジングの前後にそれぞれポートを設けることで2つのドライバーの動作を最適化しています。

ケーブルもAH-C820と同様に2つのドライバーそれぞれに専用のケーブルを直接接続する「デュアル・ダイレクトケーブル」を採用しています。また、ケーブルへの負荷が最小になるように引き出し部の位置、形状をデザインすることで断線を防止しています。

イヤーチップは従来のS、M、Lサイズにロングタイプ2種を加えた5種類(S / M / L / Long S / Long M)のシリコンイヤーチップとComply TMのTZ-500が付属しています。



Bluetoothオーディオ用コーデックはSBC、AACに加えてワイヤレスでCD品質のオーディオ再生が可能なaptX、aptX Low Latency をサポートしています。aptX Low Latency には低遅延という特長もあり、動画コンテンツの再生時に音声と映像のずれを最小限に抑えることができます。

バッテリー駆動による連続再生時間は約10時間。バッテリー残量なしの状態から約2時間で100%まで充電することができます。バッテリーの残量は音声ガイダンスまたはネックバンドのLED で確認することができます。

AH-C820W_Logos

付属のUSBケーブルでパソコンに接続すると、パソコンで再生している音楽を高音質で楽しむことができるUSB-DAC機能を搭載しています。入力信号は48 kHz / 16 bit まで対応。充電中でもパソコンからの音楽再生が可能なため、バッテリー残量を気にせず音楽を楽しむことができます。



ネックバンドは首や肩のラインに自然に沿うようにデザインされているため長時間のリスニングでもストレスなく快適に使うことができます。また、首に触れる部分には肌触りの良いシリコン素材を用いています。

一時的に音楽を聴かない間は、左右のハウジングをマグネットでネックバンドに固定、または左右のハウジング同士を固定することができます。ネックバンドの左内側に電源ボタン、音楽再生や通話などの操作を行うコントロールボタン、音量ボタンを装備しているため、スマートフォンや音楽プレーヤーを取り出すことなく操作が行えます。

電話の着信があると振動でお知らせするバイブレーター機能を搭載。電源のオン/ オフやペアリング操作を行った際にも振動で操作が正しく行われたことをお知らせします。



秋のヘッドフォン祭 2018で初公開
2018年10月27日(土) 秋のヘッドフォン祭 2018会場内におきまして、一般の来場者もご参加いただける「AH-C820W」の発表会を実施いたします。クアルコムジャパン株式会社の大島勉氏とAH-C820W設計担当の成沢真弥の登壇を予定しています。
また、発表会終了後に1時間のフリー試聴時間を設けておりますので、AH-C820Wをいち早くお聴きいただけます。

日時:2018年10月27日(土) 13:30 ~ 14:30(発表会)
14:30 ~ 15:30(フリー試聴)
会場:中野サンプラザ 7階 研修室7 (東京都中野区中野4-1-1)


* プレスリリースに記載された情報は発表日現在のものです。
* 仕様及び外観は改良のため、一部変更させていただくことがあります。
* 掲載商品の写真の色は、印刷の関係で多少現物と異なることがあります。
* BluetoothはBluetooth SIG,Inc.の商標です。
* Qualcomm(R) aptX™audioは、Qualcomm Technologies International, Ltd. の製品です。Qualcomm(R)は、米国およびその他の国で登録されているQualcomm Incorporatedの商標であり、許可を得て使用しています。aptX™、cVcは米国およびその他の国で登録されているQualcomm Technologies International, Ltd.の商標であり、許可を得て使用しています。
* ComplyはHearing Componentsの商標です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

19シェア
0
19
0
0

Sponsored Contents