Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

本日午後11時、スペシャルイベント開催。新iPad Proや新Macbook Air、新iPad miniが登場?

Engadgetでも日本語同時通訳の音声を中継します

Kiyoshi Tane
2018年10月30日, 午後05:30 in apple
157シェア
0
157
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

本日、10月30日の午後11時(日本時間)から、アップルのスペシャルイベントが開催されます。その会場となるニューヨークのBam Howard Gilman Opera Houseは芸術の殿堂であり、今回の製品発表イベントのテーマ「創ること(There's more in the making)」と縁が深そうです。

今回、発表が有力視されているのは「新型iPad Pro」と「新型Macbook Air(ないしMacbook)」、「プロユース向けMac mini」と「新型iPad mini」の4つ。ほかデスクトップ版Macにも新顔の噂がありますが、イベント直前にざっと振り返ってみましょう。

新型iPad Proは超狭ベゼルでエッジトゥエッジ(前面を覆う)ディスプレイ、iPhone XS/XS MaxのようなOLEDではなく安価なLCDパネル。データ同期および充電用のLightningコネクタに代えてUSB-Cコネクタを採用し、そこから外部ディスプレイに4K HDRの映像出力が可能......といった仕様が、最大公約数の予想です。

外観デザインも再設計され、iPhone 5のように側面が角ばったデザインになるとのこと。そうした外見や目に見える更新のほか、心臓部のプロセッサもiPhone XSなどのA12 Bionicチップを高速化したものが採用され、独自グラフィックチップも合わせて搭載と噂されています。

さらに、Apple Pencilも3年ぶりにアップデートされた新製品が登場し、「ペンの側面をなぞる」などのジェスチャー機能がサポートされるとの説も伝えられたばかりです。

新型Macbook(Air)は、13インチの高解像度ディスプレイを採用し、ベゼルも薄型化。価格はおよそ1199ドル程度で、同時に現行の12インチMacBookが値下げされて999ドルになるとの説もあります。

3番目の新Mac miniは、「CPUがアップグレードされる」という順当な予測プラス「主にプロユーザーに焦点を当てた」強力な処理能力を持つモデルが期待されています。

そして最後の新型iPad miniは、アップル関連の予測で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏が数日前にレポートを発表したもの。アップグレードされたプロセッサと低コストのディスプレイが搭載される製品予想図を描きつつ、発表時期は今度のイベントか、それ以降かは分からないとしていました。

ほか、iMacやiMacPro、12インチMacbookもより高速化したプロセッサ搭載の新型が予測されています。が、こちらは「少なくとも一部が」10月中の発売に向けて準備中とされ、今回のイベントでは一部だけがお披露目、ないしイベントなしで発売されたMacBook Pro(2018)と同様のパターンになるかもしれません。

残すところ、わずか数時間。Engadgetでは新発表となる機種やサービスのまとめ記事のほか、macwebcaster.comさんの協力により日本語同時通訳の音声中継を予定しています。

イベント開始からの日本語同時通訳の中継のほか、開始直前の30日22時20分ごろからは通訳中継関係者らによる直前予想、イベント終了後感想戦番組も配信予定です。ハッシュタグは #mwcast です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, applepencil, ipad mini, iPad pro, mac, mac mini, macbook
157シェア
0
157
0
0

Sponsored Contents