Sponsored Contents

sonyの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、Xperiaの販売半減でモバイル大幅減収 PS4は絶好調──Q2決算

絶好調のPS4・絶不調のXperia

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年10月30日, 午後06:53 in sony
296シェア
43
201
0
52

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

ソニーは10月30日、2018年度第2四半期連結業績概要を発表。ゲームや金融事業の好調が牽引し、Q2(7〜9月)の売上高は前年同期比6%増となる2兆1828億円。営業利益も同17%増となる2395億円の増収増益でした。また1H(4〜9月)全体でも営業利益が同20%増の4345億円と好決算となりました。

絶好調のPS4・絶不調のXperia

セグメント別では、PS4などのゲーム事業、および金融事業が好調。特にゲーム事業では、PS4でのオンラインマルチプレイに必要な、月500円の会員サービス「PS Plus」の加入増が寄与しました。

一方、Xperiaシリーズをはじめとするモバイル・コミュニケーション事業は絶不調。特に「Xperiaシリーズ」の販売台数が全世界で半減したことから、売上高は前年同期比32%減の542億円に。営業利益は長期性資産の減損損失もあり、298億円という大幅赤字を計上しています。

また、モバイル・コミュニケーション事業の今年度の業績見通しについては、欧州・日本におけるスマートフォン販売台数の減少をうけ、売上高を1000億円、営業利益を650億円下方修正しています。

engadget
▲Xperiaシリーズの販売台数は340万台から160万台に半減(前年同期比)

Source: ソニー
関連キーワード: sony, sonymobile, xperia
296シェア
43
201
0
52

Sponsored Contents