Sponsored Contents

sharpの最新記事

Image credit:
Save

国産有機ELで勝負をかける シャープAQUOS zeroの魅力まとめ

ソフトバンクから12月発売予定

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年11月1日, 午前11:45 in sharp
93シェア
15
31
0
47

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


最近のシャープ、尖っている製品が多いですよね。AQUOS zeroもその一つ。独自開発の国産有機ELディスプレイを搭載するほか、筐体を工夫して6.2インチで146gという「世界最軽量」の軽さを実現しています。その魅力を紹介すべく、Engadgetでこれまでに掲載した記事をまとめました。

笑ってしまう軽さ。AQUOS zero 6.2型 146gの『異様な』持ち心地


思わず「軽すぎる!」と笑ってしまいました。ソフトバンクが12月に発売する、シャープ製スマートフォン「AQUOS zero」の実機が一足早く届いたので、実機インプレをお届けします。(つづき

「正気じゃない」曲面ディスプレイ、執念が生んだ AQUOS zeroの機能美──シャープに聞く


6.2インチで146gという軽量さが持ち味の「AQUOS zero」ですが、本体形状へのこだわりも並大抵ではないとのこと。AQUOS zeroでは、前面・背面ともアークデザインを採用。底部から見上げると、緩やかな曲線を背中合わせに貼り付けた"どら焼き"のような形状になっています。(つづき

AQUOS zeroで初採用、国産有機ELディスプレイの裏側──シャープに聞く


AQUOSスマートフォンで有機ELディスプレイを初めて採用したスマホです。そして、シャープが開発を進めていた、国産有機ELディスプレイを初めて採用した製品でもあります。これまで「液晶のAQUOS」として、ディスプレイの画質に注力してきたシャープ。有機ELディスプレイにおいても、その画質へのこだわりは継承されています。(つづき

スマホの『重さ』に真っ向勝負を挑んだ「AQUOS zero」 6.2インチで146g実現


AQUOS zeroの"挑戦"をひと言で表すと「デカいからって重くなると思うなよ」(小林氏)、有機ELディスプレイの長所の一つ「薄くて軽い」に特化した製品になっています。(つづき

「Xperia XZ3」か「AQUOS zero」か 日本スマホの2強を比較



国内ブランドのスマホ2強といえば「Xperia」と「AQUOS」です。そのフラグシップモデル「Xperia XZ3」と「AQUOS zero」はどちらが買いなのか、仕様を比較してみました。(つづき

Galaxy Note9 対 AQUOS zero 軽さをとるか、ペンをとるか


動画視聴とゲームにこだわりたいならディスプレイのサイズにこだわりたいところ。今回注目したいのは6インチ超えのディスプレーとSnapdragon 845搭載した「Galaxy Note9」と「AQUOS zero」です。(つづき
関連キーワード: aquos, aquoszero, sharp, smartphone, smartphones
93シェア
15
31
0
47

Sponsored Contents