Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

iOS 12.1でiPhone XS等の「勝手に美肌効果」やモバイルデータ通信の不具合を修正

他にも多くの不具合修正がアナウンスされています

Kiyoshi Tane
2018年10月31日, 午後07:50 in Mobile
259シェア
92
109
0
58

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

10月30日のスペシャルイベント後に一般公開されたiOS 12.1にて、大きな2つの不具合を修正したとの公式リリースが発表されました。

1つは自撮りした写真の肌が過度にスムーズに加工され、いわば「美肌効果」が勝手に施されてしまう現象(海外では通称"BeautyGate")です。その対応は「iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの前面側カメラで撮影した写真で最もシャープな参照フレームが選択されないことがある問題を修正」として表記されています。

もう1つは、iPhone XSなどのLTE通信速度が著しく低下する症状です。こちらは「iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRのモバイルデータ通信接続を改善」と記載され、不具合の修正がアナウンスされています。

iPhone XSとiPhone XS Maxの発売後、複数のユーザーから自撮り写真の肌が異常にツルツルになっているとの報告が相次ぎました。
beautygate
その後、RedditユーザーやYouTuberにより、この美肌効果がおそらく前面カメラのスマートHDR機能のバグではないか(同機能がサポートされないiPhone Xでは確認されなかったため)と推測されていました。

スマートHDRはデバイスが自動でシーンを認識し、複数の画像を1つにまとめる機能です。iPhone XSやiPhone XRで撮影中、ないし撮影後に背景ボケが調節できるのも、この機能のおかげです。

不要な美肌効果は、スマートHDRのアルゴリズムが最も鮮明なフレーム(肌がはっきり写っている)を選択しないことがあるバグのために起きていたわけです。アップルも不具合を認め、iOS 12.1で対処するとThe Vergeへのコメントで約束していました。

2番目の「モバイルデータ通信接続を改善」は、9月21日の発売直後から報告されていた「LTEの電波がつかみにくい」という不具合を指しています。当時は地域に関係なく起きているのか、通信キャリアによるものかは不明でしたが、相当数の苦情が寄せられた可能性があります。

ほか、リリースノートでは下記の不具合修正が告知されています。この中に思い当たる症状があれば、早めにiOS 12.1にアップデートしたほうがいいかもしれません。

  • 2人のユーザが同じApple IDを使って複数のiPhoneでサインインしていたときに、メッセージが1つのスレッドに結合されてしまう問題を解決
  • 一部の留守番電話が"電話" Appに表示されない問題に対処
  • "電話" Appでその電話番号の連絡先の名前が表示されないことがある問題を解決
  • 特定のWebサイトがスクリーンタイムのアクティビティレポートで報告されないことがある問題を修正
  • ファミリー共有で家族を追加または削除できないことがある問題に対処
  • 一部のエンタープライズユーザに対して、MDM Device Enrollmentで無効なプロファイルエラーが報告されることがある問題を修正


Source: MacRumors
関連キーワード: camera, ios12, iPhoneXr, iphonexs, iPhoneXsMax, Mobile, selfie
259シェア
92
109
0
58

Sponsored Contents