Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新iPad Proは、ようやく安心して買えるiPadだ(アップル感想戦)

レガシーな部分を取っ払った新iPad

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年10月31日, 午後02:00 in Apple
74シェア
10
64
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

ようやく安心して買えるiPadが登場しました。

iPadの登場以来、最大のバージョンアップと言える新iPad Pro(2018)では、インターフェイスがUSB-Cに刷新。拡張性や汎用性に制約のあったLightning端子を取り払ったことで、他のデバイスへの給電や、5K映像出力にも対応しました。また、汎用規格であるUSB-Cケーブルでの充電が可能になるなど、取り回しの利便性も向上しています。

旧モデルのiPad Pro 10.5も十二分に魅力的でしたが、いずれ廃止されるであろうホームボタン、そしてLightning端子の搭載が、購入の足かせになっていました。今回、そうしたレガシーな部分が取り払われたことで、すぐに型落ちにならないという意味で、安心して購入できるiPadがようやく登場したと感じます。


また、新しいPencilも魅力的です。新型では、本体側面にマグネットで固定すると、自動的にワイヤレス充電がはじまります。充電時にキャップを無くす恐れのあった旧型から、取り回しを大きく改善しています。


ディスプレイに関しても、旧モデル(10.5型)から筐体サイズはそのままに11インチに大画面化。12.9インチモデルに至っては、画面サイズをそのままにコンパクト化するなど、モバイル性も増しています。




どれも「いずれはこうなるんだろうな」という想像の範疇に収まる進化ではありますが、それを無理なく実装してくるのは、さすがアップルといったところ。iPhoneがiPhone Xで大刷新されたように、しばらくアップルはiPadでこのデザインを続けるのでしょう。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, ipad, ipadpro, tablet
74シェア
10
64
0

Sponsored Contents