Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:
Save

Mac mini(2014) vs Mac mini(2018)、どこが変わった?4年の差を比較表でどうぞ

4年は長い

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年10月31日, 午後01:20 in Personal Computing
96シェア
0
96
0
0

連載

注目記事

10月30日のイベントで、アップルが4年ぶりとなるMac mini新モデルを発表しました。この記事ではMac mini(2014)との仕様比較をお届けします。


Mac mini(2014) vs. Mac mini(2018)比較表

mac mini
Mac mini 2014
mac mini
Mac mini 2018
発売時初期搭載OSOS X 10.10 YosemitemacOS 10.14 Mojave
プロセッサ1.4GHz Intel Core i5(2コア)~3.0GHz Intel Core i7(2コア)3.6GHz Intel Core i3(4コア)~3.2GHz Intel Core i7(6コア)
RAM4~16GB8~64GB
ストレージ500GB HDD~1TB Fusion Drive or SSD128GB SSD~2TB SSD
GPUIntel HD Graphics 5000
Intel Iris Graphics
Intel UHD Graphics 630
ビデオサポート最大2台のディスプレイで2650x1600解像度
Thunderboltデジタルビデオ出力
 (Mini DisplayPort、Dual Linlk DVI,VGA)
HDMI出力
 (1080p60Hz、3840x2160,30Hz、4096x2610,24Hz, DVI)
最大3台のディスプレイ
 Thunderbolt 3経由4096x2304 2台 と HDMI 2.0経由4096x2160 1台
最大2台のディスプレイ
 Thunderbolt 3経由5120x2880 1台 と HDMI 2.0経由4096x2160 1台
Thunderbolt 3デジタルビデオ出力
HDMI 2.0対応ディスプレイへのビデオ出力
オーディオオーディオ入力ミニジャック(デジタル/アナログ)
3.5mmヘッドフォンジャック(デジタル/アナログ)
HDMI 2.0(マルチチャンネル)
内蔵スピーカー
3.5mmヘッドホン出力
HDMI 2.0(マルチチャンネル)
入出力Thunderbolt 2 x2
USB 3.0(最大5Gbps) x4
HDMI
SDXC
赤外線レシーバ
Thunderbolt 3(USB-C) x4
 DisplayPort
 Thunderbolt(最大40Gbps)
 USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
 アダプタでThunderbolt 2、HDMI、DVI、VGAに対応
USB 3.0(最大5Gbps)x 2
HDMI 2.0
WiFi802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)同左
BluetoothBluetooth 4.0Bluetooth 5.0
LAN
1ギガビットイーサネット

1ギガビットイーサネット
(オプションで10ギガビット選択可)
重さ1.9~1.22kg1.3kg
寸法3.6 x 19.7 x 19.7cm同左
本体色シルバースペースグレイ
税別直販価格4万8800円~8万9800円~最大46万3800円

4年ぶりのリニューアルなったMac miniは、スペースグレイに衣替えしての登場となりました。寸法をみても外観的に殆ど変わっていないように思えるものの、その中身は4年の歳月を感じさせるほど大きく様変わりしています。

CPUは従来がデュアルコアのみだったのに対して、4コアのCore i3から6コアCore i7までを取り揃え、大幅に強化しました。またメモリーも標準は8GBながら最大64GBまでを選択可能、ストレージも2014年モデルはまだHDDや、SSDとHDDを組み合わせたFusion Driveなるものが用意されていたのに対し、新モデルでは128GBから2TBまで、いずれもSSDでラインナップを統一しています。

入出力はUSB-Cのコネクターを使ったThunderbolt 3 x4の搭載が大きな変更点。このポートはUSB 3.1 Gen 2 に対応しており、対応する機器を接続すれば最大10Gbpsの高速伝送が可能です(Thunderbolt接続は最大40Gbps)。また優先LANも標準で1ギガビットイーサネットを採用するものの、オプションで10ギガビットに変更可能です。

一方で、オーディオに関しては3.5mmのライン入力が廃止。オーディオ入出力のデジタル接続もなくなりました。さらにSDXCスロットがなくなっているため、デジカメなどからカードを差し替えてデータを取り込みたい場合はアクセサリーを用意する必要があります。

大きく生まれ変わった新型Mac miniですが、その分価格もアップしています。2014年モデルは最小構成なら税別4万8800円からのスタートでしたが、新モデルは最小構成で税別8万9800円から。最大構成ではなんと税別46万3800円という、ハイエンド機並みの価格に。購入検討の際はご自身の目的と財布の中身をよく吟味して、構成を選ぶ必要がありそうです。

※10月31日19時40分:Mac mini 2014の寸法値を修正しました。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

96シェア
0
96
0
0

Sponsored Contents