Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

まさかのMacBook Air復活 今回のApple発表会は『予想外』だらけ(石川温)

まるで復活祭

石川温
2018年10月31日, 午後05:00 in apple
593シェア
272
158
0
163

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
10月30日(現地時間)に開催されたAppleのスペシャルイベントを現地で取材したわけだが、 「Appleの発表会としては意外と面白かった」というのが正直な感想だ。

なぜ、そう感じたかといえば「予想外な発表」がいくつかあったから。

ここ最近のAppleの発表会は、事前に情報や画像が流出し、発表会自体が「答え合わせ」になってしまっていた。また、その答え合わせが見事なほどに合っているのだから、あまり興奮しないというか「やっぱり、そうか」という感想にしかならなかったわけだ。

確かに今回も「iPad ProとMacbook Air、Mac miniが出るのでは? iPad ProはUSB Type-Cを採用する」という噂があったのは事実だ。実際、その答え合わせについては当たっていたが、機能進化の具体的な内容は当たっておらず、ちょっと驚いたことが多かった。

例えば、Apple Pencilは、まさにペンシルに近づいた。本体は短くなり、磁石でiPad Proにくっくつようになったのにはびっくりした。しかも、ワイヤレス充電により、くっつけている間に充電される仕組みが導入されている。

engadget

Apple Pencilの充電といえば、Lightning端子に、Apple Pencilのお尻の部分を刺すという、なんともマヌケな状態で充電せざるを得なかった。「これ、スティーブ・ジョブズが生きていたら、製品化できたのかな」と思わせる充電方法だったが、それが見事にスマートなかたちに生まれ変わったのだ。



「最初から、こうすればよかったのに」と思ったが、ワイヤレス充電ができるようになったからこそ、実用化できた方法なのだろう。

本体がUSB Type-Cコネクタになるのだから、Apple Pencilの充電もUSB Type-Cと思いきや、いい意味で裏切られた。

また、噂では、Smart Connectorが側面から裏面に移動することで、Smart Keyboardを使う際にはiPad Proを縦長状態にして使わなくてはならないというものがあった。実際は、確かにコネクタが裏面に移動していて噂通りだったのだが、iPad ProのSmart ConnectorとSmart Keyboard Folioの端子がくっつくため、きちんと横長状態で文書入力が行えるようになっている。

engadget

中国方面から情報がダダ漏れとなっているiPhoneに比べて、iPad Proは事前情報が漏れにくくなっているようで、発表会を見ていても、サプライズがあって楽しかったのだ。

Appleには「愛された製品を復活させる度量」がある

個人的に今回の発表会は「復活祭」だったように思う。

長らく新製品が出ていなかったMacBook AirとMac miniが見事に復活した。

学生や会社員に人気のMacBook Airは「もっとも愛されたMac」(ティム・クックCEO)とされ、いまでも顧客満足度が高いという。

engadget

また、Mac miniは、コンパクトなデスクトップとしての用途だけでなく、何個も重ねて映像編集としての用途や何千台も組み合わせてサーバーとして使うニーズもあるそうだ。

engadget

いずれも、なかなか新製品が出ない一方、ユーザーからこよなく愛され続けている製品だったようで、Appleとしてもユーザーの声に耳を傾け、ようやく製品化にこぎつけたようだ。

ただ、MacBook AirもMac Miniも、昔は「安くて、入門機としては最適」という位置づけだったからこそ、人気だったようにも思う。今回の新製品はスペックも大幅に上がっているが、値段もそれなりだ。この値付けで昔のように愛されるか、ちょっと気になるところでもある。

iPhone SE・iPad miniの復活はあるか

今回の発表で、Appleが「ユーザーに愛されてきた製品を復活させる度量がある」ということはよくわかった。となると、今後、期待したくなるのが、みんなに愛されてきたけど、なかなか新製品が出てこない2つの小さいデバイスの復活だ。

まず1つめが、iPad mini。

engadget

特に小さいタブレットということで、日本市場ではiPad miniの新製品を待っている人が多い。確かに携帯性がよく、使い勝手も申し分ない。今回、iPad Proがホームボタンをなくしただけに、iPad miniもホームボタンをなくし、従来と同じ筐体サイズで大画面化するということも不可能ではないだろう。「ホームボタンのないiPad mini」をぜひ見てみたい。

もうひとつがiPhone SEだ。

日本では通勤電車で「片手は吊革、片手はスマホ」という使い方が多い。そのため、片手でしっかりと持てるiPhone SEにはこれまた根強い人気がある。

世間のスマホはiPhoneを筆頭にほとんど大画面となっているが、ここで、一度は製品化が噂されたがポシャったというiPhone SE2が出てくると面白いことになるのではないか。

そういえば、ここ最近になって、iPad miniの新製品が出るという噂が出てきている。

今年3月には教育現場をターゲットにしたエントリー向けiPadが発表、発売されただけに、来年の春あたりの復活を期待しておきたいし、この期待を裏切らないで欲しいものだ。


593シェア
272
158
0
163

Sponsored Contents